SCROLL
ヒト

腸内デザインで
病気ゼロの幸せな世界を。

株式会社メタジェン 代表取締役社長CEO

福田 真嗣

フクダ シンジ
ヒト

伝統の継承と革新。
「三方よし」の精神で、
経済を、文化芸術を牽引する。

株式会社山形銀行

長谷川 吉茂

ハセガワ キチシゲ
ヒト

メタボローム解析技術の可能性。
うつ病のバイオマーカーは
「金の卵」の一つに過ぎない。

HMT(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ)

菅野 隆二

カンノ リュウジ
ヒト

米づくりに必要なものは
すべて田んぼにある。
自然のバランスを整えてあげれば
健康で美味しい米ができる。

荒生勘四郎農場

荒生 秀紀

アラオ ヒデキ
ヒト

在来種を絶滅から守るために
個人でシードバンクを管理。
各地の野菜を匿う"ノアの方舟"。

ハーブ研究所スパール

山澤 清

ヤマザワ キヨシ
ヒト

生涯を通じて自分の歯で食べる歯科医療。
削って治療することを前提とせず、
予防のためのメインテナンスを徹底する。

日吉歯科診療所

熊谷 崇

クマガイ タカシ
ヒト

深く考え、軽々しく発言をしない。
「沈潜の風」と評される気質は
致道館での教育によって育まれた。

旧庄内藩酒井家第19代目 荘内藩 代表取締役

酒井 忠順

サカイ タダヨリ
ヒト

地形と気候条件に恵まれた庄内は
食材のバリエーションが世界一豊富。
食習慣も多様な宝石箱のような土地。

アル・ケッチァーノ オーナーシェフ

奥田 政行

オクダ マサユキ
ヒト

自らがリスクを取って挑戦する。
だからこそ価値がある。

ヤマガタデザイン代表取締役

山中 大介

ヤマナカ ダイスケ
ヒト

最先端のエキサイティングな仕事に就きながら
自然のそばでスローライフを営む。
それをできるのが庄内の大きな魅力。

慶應義塾大学 先端生命科学研究所 所長 / 慶應義塾大学 環境情報学部 教授

冨田 勝

トミタ マサル
ヒト

日本の豊かな自然には季節感がある。
その移ろいの曖昧性を頭で考えずに
感じる知性を忘れてはいけない。

羽黒山宿坊「大聖坊」13代目 羽黒山伏

星野 文紘

ホシノ フミヒロ
ヒト

世界平和のために何ができるか。
人工合成クモ糸繊維の開発は
壮大な動機に裏付けられている。

Spiber株式会社 代表執行役

関山 和秀

セキヤマ カズヒデ
ヒト

創業理念として受け継がれる
「天の時」「地の利」「人の和」を
正しく実践することが重要。

清川屋 代表取締役社長

伊藤 秀樹

イトウ ヒデキ

PICK UP

酒田舞娘が伝える湊町酒田の時代の息遣いに魅せられる
山の恵みの水が湧く二連の滝
江戸時代から建つ蔵で庄内の「今」に舌鼓
日本海の良港を朱色に染め上げる夕陽
毎朝仕入れる地元産の食材にインスパイアされ奥田政行シェフが作る庄内イタリアン。
海と大地の恵みを1番おいしい食べ方で
お客様ごとに立てる献立が、特別なひとときを彩ってくれる日本料理店。
全国的に高い人気の農家民宿。四季の旬を知り、保存食の知恵を持つ農家の女将の丁寧な仕事を味わえる。
人の営みを支えてきた強くやさしい野菜の力を
地元の旬の食材を庄内流に調理文化と食事体験がリンクする小料理屋
広がる田んぼの先に月山を臨み庄内の食材を使ったシチリア料理をいただく
心洗われる絶景の地。
1,000年も昔から、多くの文人墨客に愛され続ける湯治場。
刀を鍬に持ち替え、近代化に挑んだ庄内藩士たちの開墾の魂。
「語るなかれ」「聞くなかれ」人の手を加えることが禁じられた、修験道の霊地。
庄内藩酒井家の殿が現在も暮らす鶴岡城址から街の歴史に思いを馳せる
腸内デザインで 病気ゼロの幸せな世界を。
創造性と思考力を育てるために。 子どもたちの本能に働きかけ、 自由な遊びを生み出す遊戯施設。
伝統の継承と革新。 「三方よし」の精神で、 経済を、文化芸術を牽引する。
酒田舞娘が伝える湊町酒田の時代の息遣いに魅せられる
メタボローム解析技術の可能性。 うつ病のバイオマーカーは 「金の卵」の一つに過ぎない。
つなぐ力で100年幸せな街づくり。 庄内の資本を庄内に還元し、 地域の活性化と発展を支える。
庄内の人々に愛されるホテルになる。 その目標に向けて宿泊客のサービスから イベントの企画運営までを担う。
病気ゼロ社会の実現を目指し ブラウンオーシャンに飛び込む 異分野の研究者たち
山の恵みの水が湧く二連の滝
米づくりに必要なものは すべて田んぼにある。 自然のバランスを整えてあげれば 健康で美味しい米ができる。
江戸時代から建つ蔵で庄内の「今」に舌鼓
日本海の良港を朱色に染め上げる夕陽
毎朝仕入れる地元産の食材にインスパイアされ奥田政行シェフが作る庄内イタリアン。
在来種を絶滅から守るために 個人でシードバンクを管理。 各地の野菜を匿う"ノアの方舟"。
生涯を通じて自分の歯で食べる歯科医療。 削って治療することを前提とせず、 予防のためのメインテナンスを徹底する。
お客様の快適な滞在のために。 社員たちがアイデアを提案できる 風通しのいい職場環境。
海と大地の恵みを1番おいしい食べ方で
お客様ごとに立てる献立が、特別なひとときを彩ってくれる日本料理店。
全国的に高い人気の農家民宿。四季の旬を知り、保存食の知恵を持つ農家の女将の丁寧な仕事を味わえる。
うつ病のバイオマーカー発見は メタボローム解析の入口に過ぎない。 解析技術の発展は人々の健康と幸福に寄与する。
地域の成長戦略を描く地方銀行。 従来の銀行の常識に縛られることなく 産業の活性化を推進していく。
図面書きから現場での施工管理まで 建設のすべてを把握する。 BIMの導入がそれを可能にする。
人の営みを支えてきた強くやさしい野菜の力を
地元の旬の食材を庄内流に調理文化と食事体験がリンクする小料理屋
広がる田んぼの先に月山を臨み庄内の食材を使ったシチリア料理をいただく
心洗われる絶景の地。
1,000年も昔から、多くの文人墨客に愛され続ける湯治場。
刀を鍬に持ち替え、近代化に挑んだ庄内藩士たちの開墾の魂。
「語るなかれ」「聞くなかれ」人の手を加えることが禁じられた、修験道の霊地。
庄内藩酒井家の殿が現在も暮らす鶴岡城址から街の歴史に思いを馳せる
深く考え、軽々しく発言をしない。 「沈潜の風」と評される気質は 致道館での教育によって育まれた。
地形と気候条件に恵まれた庄内は 食材のバリエーションが世界一豊富。 食習慣も多様な宝石箱のような土地。
自らがリスクを取って挑戦する。 だからこそ価値がある。
最先端のエキサイティングな仕事に就きながら 自然のそばでスローライフを営む。 それをできるのが庄内の大きな魅力。
日本の豊かな自然には季節感がある。 その移ろいの曖昧性を頭で考えずに 感じる知性を忘れてはいけない。
世界平和のために何ができるか。 人工合成クモ糸繊維の開発は 壮大な動機に裏付けられている。
創業理念として受け継がれる 「天の時」「地の利」「人の和」を 正しく実践することが重要。