宿泊滞在複合施設外観.jpg
 

SHONAI HOTEL
SUIDEN TERRASSE

自然体で過ごす交流と滞在の拠点

山形庄内の人々が、その友人や家族を世界中から招くための宿泊滞在施設。まるで水田に浮かんでいるようなこの施設は、建築家坂茂氏が設計を手がけた木造2階建ての温もりある空間です。ここでは訪れた誰もが自然体となり、地域の方々と深い交流ができる新たなコミュニティの形を作り出していきます。

 

宿泊施設
共用棟と3つの客室棟から構成される宿泊施設。その最大の特徴は「寛げる広さ」です。
充実の共用施設に加え、約150部屋の客室はダブル(22㎡)とツイン(29㎡)をベースに最大65㎡の部屋で構成されており、その利用目的や人数にかかわらず、すべての人々がゆったりと過ごすことを可能にします。

レストラン
「地域食材・無添加調理」をコンセプトとしたレストラン。食の都庄内の素材の美味しさを感じる料理を提供します。屋内屋外一体型で利用が可能な月山一望のオープンテラスが特徴であり、天気の良い日には開放的な空間で料理やお酒、パーティなどを楽しめます。

天然温泉
美しい木造の大屋根の下、地下1,200mから汲みあげる天然温泉(ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物温泉)が、訪れた方々の疲れを癒します。

フィットネス
天然温泉施設の下層部に設置されるフィットネスには、ランニングマシンを中心としたフィットネス機器が設置されています。宿泊施設のフロントではウェアや靴の貸し出しを行っており、誰もが気軽に走り出すことが可能です。

ビジネスルーム
企業が商談などの大切な会議で活用することができるサテライト会議室。
同じ棟にあるグループ宿泊ルームを活用することで、都心部のベンチャー企業や研修合宿需要に対応します。

 
main.jpg
sub5.jpg
sub4.jpg
sub3.jpg
sub1.jpg
sub2.jpg

《施設概要》
 施設名称    SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE
 (ショウナイ ホテル スイデン テラス)
 所 在 地   山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣82他
 敷地面積   約34,600㎡
 延床面積   約7,500㎡
 構  造   共用棟:混構造(鉄骨及び鉄筋コンクリート造)地上2階
 客室棟:木造、RC造 地上2階
 設  備   ヒートポンプを設置 地中熱を空調や融雪に活用 等
 施設構成   天然温泉、レストラン、フィットネス、会議室、物販
 設  計   坂茂建築設計
 景観設計   オンサイト計画設計事務所
 施  工  サイエンスパーク特定建設工事共同企業体
 総 工 費  約40億円
 着  工   2016年12月
 竣  工   2018年秋

このプロジェクトに興味のある方は、こちらも御覧ください。