宿泊滞在複合施設外観.jpg
 

SHONAI HOTEL
SUIDEN TERRASSE

自然体で過ごす交流と滞在の拠点

設計は建築家坂茂氏が手がけ、里山ビオトープに浮かぶ木造/低層の温もりある空間設計が特徴。日本有数のインキュベーションエリアとして成長を続けるサイエンスパークに立地し、ビジネスや観光といった用途に関わらず、これからの山形庄内が世界から客人をお招きするための環境を整えることを目的としています。窓から見える田んぼの原風景と過ごす時間が、訪れた人々と地域の深い交流を実現します。

 

宿泊施設
共用棟と3つの客室棟から構成される宿泊施設。その最大の特徴は「寛げる広さ」です。
充実の共用施設に加え、約150部屋の客室はダブル(22㎡)とツイン(29㎡)をベースに最大65㎡の部屋で構成されており、その利用目的や人数にかかわらず、すべての人々がゆったりと過ごすことを可能にします。

レストラン
「地域食材・無添加調理」をコンセプトとしたレストラン。食の都庄内の素材の美味しさを感じる料理を提供します。屋内屋外一体型で利用が可能な月山一望のオープンテラスが特徴であり、天気の良い日には開放的な空間で料理やお酒、パーティなどを楽しめます。

天然温泉
美しい木造の大屋根の下、地下1,200mから汲みあげる天然温泉(ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物温泉)が、訪れた方々の疲れを癒します。

フィットネス
天然温泉施設の下層部に設置されるフィットネスには、ランニングマシンを中心としたフィットネス機器が設置されています。宿泊施設のフロントではウェアや靴の貸し出しを行っており、誰もが気軽に走り出すことが可能です。

ビジネスラウンジ
サテライトオフィス環境と会議室を備えたビジネスラウンジ。出張で庄内を訪れた方々に、地域での「居場所」を提供すると共に、宿泊施設との連携により都心部のベンチャーや企業の研修合宿需要への対応も行います。

 

このプロジェクトに興味のある方は、こちらも御覧ください。
 

 

Related Project

 

SCIENCE PARK TOUR

サイエンスパークを知るツアー

Park Side Village

繋がりを生むシェアリビングハウス