ショクジ

その食感、雲を呑むが如く。
創業60年、ワンタンメンの老舗。

ワンタンメンの満月

マンゲツ
SCROLL

ワンタンメンの満月 マンゲツ

中国の一地方ではワンタンを「雲呑」と書く。その語源は雲の形だというが、日本の酒田ではまさしく「雲を呑むような」食べ心地のワンタンが作られている。

数あるご当地ラーメンの中でも酒田の特筆すべき点は、店主有志が30年ほど前に「酒田のラーメンを考える会」を立ち上げ、技術力の研鑽に努めてきたことにある。その磨き抜かれた珠玉の「酒田のラーメン」を全国に知らしめた店として、満月の存在は欠かすことができない。
看板のワンタンメンは3種。満月スタンダードのしょうゆ味「ワンタンメン」、ごまラー油仕立てのロングセラー「スタミナワンタンメン」、店主自身が食べたい味を具現化した「塩ワンタンメン」。味の基盤となるダシは煮干しなどのほかに、山形地鶏の鶏がらを使ってコクを加えている。麺は自家製で、多加水麺を熟成させ、プルプルとした弾力を生み出した。さらにシルクを加えてつるんとしたのど越しに仕上げている。
その麺とスープと共に主役を張るのが「ワンタン」だ。極々薄く圧延した生地は、スープの中でふわっと綿雲のようにほどける。その食感の完成度の高さは、他の追随を許さない。

二代目店主の齋藤直さんは「変わらないように、進化すること」を続けている。芯を貫き、時代の嗜好に合わせながら、満月の味は進化し、深化する。“酒田をワンタンメンのまちに”そうして唯一無二の味を追求する店主らによって、港町酒田のラーメンは前途洋々たる未来が開けている。

公式サイト:http://www.sakata-mangetsu.com

名称 ワンタンメンの満月
場所 山形県酒田市東中の口町2-1
電話 0234-22-0166
営業時間 月~木/11:00~16:30 金土日/11:00~21:00
定休日 不定休(本店はほぼ火曜日)
駐車場 40台
クレジットカード 不可
席数 カウンター4席 テーブル4人×4 座敷4人×8
貸切可否 否
禁煙/喫煙/分煙 全席禁煙
予算目安 ワンタンメン780円 スタミナワンタンメン850円
おすすめメニュー ワンタンメン、スタミナワンタンメン、塩ワンタンメン
お子さま対応 お子様ラーメン200円