ショクジ

地元の旬の食材を庄内流に調理
文化と食事体験がリンクする小料理屋

いな舟

イナフネ
SCROLL

いな舟 イナフネ

魚屋を営んでいた先代が、庄内の郷土料理と地酒を味わえるお店として創業したのが50年余り前のこと。クチボソガレイやハタハタ、寒鱈などの地魚を使った郷土料理、そして、季節ごとの刺身が地元客を中心に愛されている。

庄内地方では、旬の食材をその季節の間、頻繁に繰り返して味わい、旬が終わるとさっとやめて次の季節の食材に移って再び繰り返して食する、というサイクルで1年の食が繰り返されているという。写真の料理は、初春から天神祭の5月25日まで頻繁に食される、マス焼、胡麻豆腐とマスのあんかけ、孟宗汁の三種。旬の孟宗筍を味噌と酒粕で炊いた孟宗汁は、肌寒い花見の席でもよく振る舞われるなど、地元でも広く愛されている郷土料理の一つだ。

名称 いな舟
場所 山形県鶴岡市本町2-18-3
電話 0235-22-1061
営業時間 17:00〜22:30
定休日 日曜日、年末年始
ショクジ紹介者:

伊藤 秀樹 清川屋 代表取締役社長

煮物から始まって〆にご飯をいただく、いわゆるお膳料理のお店です。季節ごとの庄内の旬を味わえるのはもちろんですが、胡麻豆腐やクチボソガレイなど、作家の藤沢周平さんの作品に描写されている料理は、まさにいな舟さんの料理です。本を片手に文学散歩のように立ち寄るのもオススメです。