シゴト

山形の求人サイト
ヤマガタノシゴト

つなぐ力で100年幸せな街づくり。
庄内の資本を庄内に還元し、
地域の活性化と発展を支える。

鶴岡信用金庫

本店営業部 融資渉外担当

吉住 潤

ヨシズミ ジュン
SCROLL

鶴岡信用金庫

「自分が生まれ育った地元のために仕事をしたい」という思いで鶴岡信用金庫に新卒入社した吉住潤は、入社以来、融資渉外担当として外回りの営業活動を続けている。地域行事にも積極的に参加し、地元の人々から話を聞くことが何よりの勉強だという吉住に、仕事のやりがいについてインタビューを行った。

鶴岡信用金庫 事業概要

創業は1926(大正15)年。庄内地方全域と新潟県村上市を事業区域とし、地元の中小企業者や住民が会員となって互いに助け合い、発展していくことを運営理念とする相互扶助型の金融機関だ。愛称は「つるしん」。

経営理念として掲げているのは、「信用・信頼・しんきん感」の基本理念のもと、「地域の中で最も、身近で、便利で、頼りになる」地域の金融機関として評価を得ること。地元のお客さまからお預かりした大切な預金積金を、地元で資金を必要とする中小企業や商店の経営者をはじめとするお客さまに融資し、事業や生活のお手伝いをするとともに地域経済の持続的発展に努める。

2016年より、東北公益文科大学 経営コースの平尾清教授を塾長に迎え、地域貢献できる人材育成を目的に「鶴岡信用金庫若手経営者塾−マネジメントキャンパス−」を創設。起業を予定する人物など毎期30人の参加者を募り、年間8回の講義を開催し、10年かけて300人の卒塾生を輩出する長期的な取り組みだ。卒塾生には、WAKAZE代表取締役の稲川琢磨や瀬尾医療連携事務所代表取締役の瀬尾利加子などが名を連ねるなど、早くも一定の成果を上げている。本店営業部長を務める藍博之執行役員は、鶴岡信用金庫での仕事について次のように語る。

「信用金庫に入社して営業を始めると、1年か2年の間は売上金額や融資の件数などで手一杯かもしれません。しかし、徐々に慣れてくると、数字のために無理をするのではなく、お客さまが何を望まれているのかをきちんと理解して、そこに自分が何をご提案できるのかを考えられるようになってきます。そうなれば業績は後からついてきます。お客様への情報提供と連携を通して地域に貢献できることが、鶴岡信用金庫の仕事の醍醐味だと考えています」

「生まれ育った地元で、せっかく地元のために仕事をするのなら、できるだけ多くの業種に関われる仕事をしたいと考えました。私が就職先として金融機関を選んだ大きな理由の一つです。様々な業種の方とつながり、そのお手伝いをすることによって広く地元に貢献できるのではないか。最も携われる分野の幅が広く、多くの業種に関われる仕事として思い浮かんだのが金融機関だったんです」

金融機関を就職先として選んだ理由についてそう語る吉住潤。さらには、銀行ではなく営業範囲が限定された信用金庫だからこそ、自分がお客さまのために何かをすれば、形となって地域に還元することができる。地域の方々からお預かりしたお金を、地域で資金を必要とする方々に融資という形で循環させ、貢献できることが信用金庫に入社した動機であり、日々の原動力になっていると語る。

「お客さまとお会いしたら、まずはお客さまからお話を伺えるようになるために、いかにして信頼関係を築けるのかを考えます。自分が何者なのかをわかっていただくために、自分の仕事内容や背景などをお伝えするようにしています。自分のことを少し知っていただけたら、徐々にお客さまにもご自身のことを話していただけるようになると考えています。そうして信頼関係を築けたら、お客さまのために何をできるか、次の段階に進むことができます」

鶴岡で感じる人のつながりの深さ

鶴岡信用金庫の営業地域は庄内地方であり、かつて渉外担当は、商店街を集金して回ることを主な業務としていた。しかし現在は、商店街に現金が日々集まる時代からは変わった。例えば郊外型の商業施設であるイオンモール三川に庄内全域から人が集まるようになり、元は水田だったエリアにサイエンスパークが生まれて学術と産業の拠点となったように、時代に応じて渉外担当者の活動領域と内容は変化を続けている。ただ、活動の原則は変わっていない。

「預金を入れてくださるのが庄内の個人や企業の方々で、それを資金としてご利用いただくのもまた、庄内の個人や企業の方々です。相互扶助が基本にあって、融資審査をした上で地域の資金の循環を担うのが私たち金融機関の役割だと考えています」

以前、市内で一軒の飲食店の拡張工事が行われた時のことを話してくれた。

「最初はそのお店のかたから、『もう少し席数を増やしたいんだけど』とざっくりとしたご相談をいただきました。お店の隣が駐車場だったので、そこに増築できないかこちらの方で試算しました。1日に平均で何人ぐらいのお客さんが来ていて、平均単価がいくらぐらいで、という話を伺いながら、工事費用などの試算を行ってご提案したわけです。

『ぜひやりたい』とおっしゃったので、実際に融資をして拡張工事も無事に完了しました。その時には、『親身になって相談に乗ってくれてありがとう。吉住さんに相談してよかった』と言っていただけて、この仕事をしていた本当によかったと思いました。地域の人々のお役に立てた時の喜びは非常に大きいです」

吉住は高校卒業までを鶴岡で過ごし、宮城県の大学を卒業して再び鶴岡に戻ってきた。地元にこだわる理由に、地域内での人々のつながりの深さがあるという。

「宮城で人と人とのつながりが希薄だと感じたわけではありませんが、例えば高校時代に私は野球をやっていて、よく試合に大勢のOBが見に来てくれていたんですね。すごく親身になってチームを見てくれて、みんながとても楽しそうに応援してくれるんです。その感じがすごく好きで、鶴岡では深い人付き合いをして、幸せに暮らせるんではないかという思いがあったので、鶴岡での就職を目指したのです」

もちろん単純に人のつながりの度合いを地域ごとに比較することはできない。しかし吉住は、仕事を続けながら、鶴岡での人間のつながりの特徴についてひとつ確信を持ったという。

「困ったことがあったときに相談できる人が大勢いて、また相談してくれる人も大勢いる、と感じている人はおそらくこの地域に多くいらっしゃると思います。人から頼られて相談してもらえるのはすごく嬉しいことです。私が仕事で色々なお客様に会うと、『家を直したいんだけど誰かいい人を紹介してもらえないか』と地元のおばあちゃんに相談されることなどがあるのですが、金融機関の職員とわかっていながらもそういう相談をしてくださるのは、もはや一信用金庫の渉外担当以上の感覚で接してくださっているということだと思うんです。そうして家族のように見てくださるというのであれば、こちらもそれに応えたいですし、親身に対応することを常に心がけています」

笑うことで気持ちを前向きにする

普段の営業活動の傍ら、吉住は鶴岡信用金庫の野球部に所属し、キャプテンを務めている。部員はおよそ20名。高校時代に野球部に入っていたメンバーがほとんどで、先ごろ福島県で郡山信用金庫と練習試合をしたときも、緊迫した試合展開だったという。

「鶴岡信用金庫の社員は200人ほどなのですが、野球部の活動を通じて他支店の社員と交流ができますし、試合を応援してもらって、信用金庫内で横のつながりができるのはいいことだと感じています。試合に勝たないと役員からのプレッシャーはありますが、それも励みになっています(笑)」

誠実に営業活動を行い、野球部をキャプテンとして率い、私生活では生後半年のお子さんを持つ父親としても責任感を持っている。色々な役目を果たすために心がけていることが一つあるという。

「私が大事にしているのは、笑うことです。仕事でうまくいかなくて落ち込むこともあるんですが、そういうときにはふさぎ込んでしまわずに、前を向くようにしないといけません。失敗を反省した上で、できるだけ笑うようにする。夫婦で夜泣きする赤ん坊に手こずっても、笑うようにする。自分が笑うと相手も笑ってくれるので、前向きな空気になると思うんです」

人と人とのつながりを大切にし、営業を通して融資の輪を広げることで、地元の発展に貢献する。鶴岡信用金庫の相互扶助の意識が、吉住の営業活動を支えている。

代表/人事担当からのメッセージ 総合企画部 人事企画課長 菅原和夫

 庄内地方を営業エリアとする鶴岡信用金庫では、地元が営業の基盤です。とはいうものの、我々は株式会社ではありませんから、株主さんの利益を意識して活動する必要はなく、地域のことを考えて安定した利益を追求し、またそうした利益をきちんと地域に還元していくことが大切です。お客さまから預金を集め、それを資金として企業や個人の方に融資する営業活動の背景には、そうした相互扶助の意識があります。
 金融機関の中枢であるシステム、経理、試算運用という3つの分野で、人材を育てるには相当の時間と経験が必要となります。いずれも専門性の高い分野なので、いずれかの分野の経験者で、庄内地方を営業地域とする鶴岡信用金庫での勤務に興味を持つ人物と出会いたいと強く願っています。
 5年後、10年後の金融は劇的に変化すると予測され、これからは、自分たちがその変化の主体にならなければ勝ち残っていけないものになっていると考えられます。若者が根付く街の創生に向けて、地域が抱える様々な課題を解決しながら、当金庫がテーマとして掲げている「人が輝き、街が賑わい、活力あふれる、100年幸せな街づくり」に挑んでいきます。
 これまでに金融機関に勤務した経験の有無は問いません。世の中の変化のスピードに対応できるようなフットワークの軽いプロフェッショナルな人材とともに、我々も組織として成長していきたいという思いもございます。
 積極的に面談の機会を設けて、どのような考えと展望をお持ちか、お話を伺いたいと思います。経験と興味をお持ちの方からのアプローチをお待ちしています。

募集概要

募集者の氏名又は名称 鶴岡信用金庫
募集人数 1名
雇用形態 正職員(試用期間中は嘱託職員とします。)
契約期間 期間の定めなし
試用期間 試用期間あり(6か月)
就業場所 本部(鶴岡市)または営業店(鶴岡市、酒田市、庄内町)
就業時間 8:40~17:40(うち休憩60分)
休憩時間 11:30~14:30の間に交代で60分間
休日 土曜、日曜、祝日、12月31日~1月3日
時間外労働 有(月平均10時間)
給与 経験度合いやキャリアを勘案し、決定させていただきます。
参考:四大卒初任給:月給20万円
昇給 年1回
賞与 年3回(6月、12月、3月)※平成29年度実績
加入保険 各種社会保険、信用金庫年金(企業年金)
福利厚生 通勤手当、融資渉外手当(融資渉外担当のみ)、スポーツ施設利用優待
職務内容 ・営業職
 営業店での窓口業務、融資渉外業務
・事務職
 本部での専門的な事務業務
求める人物像 ・礼儀正しく約束を守る人
・意欲を持ち挑戦する人
・柔軟な思考で世の中の変化・スピードに対応できる人
・目標を持ち自己研鑚する人
必要なスキルや経験 下記業務経験者を歓迎いたします。
・経理部門
・証券運用部門
・システム部門
選考プロセス 1.書類選考
2.一次面接(人事担当者)
3.最終面接(役員)
4.内定
必要書類 履歴書
採用担当者からの一言 不明な点がございましたら、なんでもご相談ください!

応募方法について

応募方法は下記のとおり2つご用意しております。ご自身の状況に合わせてご選択ください。

気になる企業の担当者から話を聞いてみたい方

話を聞く
ご希望の日時をご入力ください。
日程調整
日程調整はアドバイザーが行います
簡単なアンケートもご協力ください
面談
WEBまたは直接面談の選択となります
(企業によってはどちらか一つの場合もございます)
応募する
以降は「応募する」と同じ流れです

今すぐ選考に参加したい方

応募する
一次選考
二次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について

  • 面接支援

    面接のために庄内に来る方を対象に、SUIDEN TERRASSE宿泊(1泊1名朝食付き)を無料でサービス。
    ※本WEBサイトの応募フォームから企業面接を申し込み、面接日程が決まった方(1名につき1泊のみ)に限ります。

    申請する
  • 家探支援

    内定承諾後、更に無料でもう1泊(1泊2名まで朝食付き)サービスいたします。

    申請する
  • 新生活支援

    本webサイトの応募フォームから応募し、ご入社が決まり30日以上在籍した場合に、
    2万円〜(企業によります)を、新生活支援金としてお渡しいたします。

    新生活支援金申請の流れ
    ① 本webサイトから応募 ②ご入社 ③申請 ④支払い(30日在籍したかどうか、企業側と求職者側に確認いたします。)

    申請する