シゴト

シゴト

安全と安心、そして創造性を届ける
建設コンサルタントという仕事

株式会社庄内測量設計舎

技術部 環境地質課 / 総務部 総務課 / 技術部 副部長

斎藤洋爽 / 須田ちあき / 伊藤信生

サイトウ ヒサヤ / スダ チアキ / イトウ ノブオ
SCROLL

株式会社庄内測量設計舎

土木、建築問わず、その安全性、利便性といったものを測量や地質調査などを基にして工事以前に提案するのが建設コンサルタントだ。地域の発展に大きく関わるこの業務を長年続け、その技術力を高く評価されているのが、今回話を聞いた庄内測量設計舎だ。地域の発展が目に見える時代ではなくなった現在、建設コンサルタントという仕事をどのように捉え、これからの庄内にどのように活かしていくのか。今回は代表取締役の富樫仁に事業内容、未来展望などを聞くとともに、現場で働く三人(技術部副部長・伊藤信生、技術部環境地質課・斎藤洋爽、総務部総務課・須田ちあき)に仕事のやりがいやこれからチャレンジしていきたいことなどを話してもらった。

株式会社庄内測量設計舎 事業概要

創業は昭和41年(1966年)。半世紀以上にわたり、確かな技術力のもと庄内地域の建設コンサルタントを務めてきた企業だ。技術力の継承はもとより、最新型ドローンによる測量などさまざまな最先端技術も取り入れて地域の発展に寄与している。
測量、計画設計、地質調査、補償調査、環境調査といった事業範囲で、建設物の安全性、利便性を支えている。そのほか、山形大学農学部と共同で新しいタイプの魚道(従来のものとは違い魚の行動範囲を広げ自然の営みを助ける魚道)を開発するなど新技術へも高い意識を持っている。また、環境への関心も高い。地質調査や動植物などの生態系を調査する環境調査も実施し、地域にあった環境づくりにも配慮しながらコンサルティングを行っている。

地域の安全、安心を請け負う仕事

庄内測量設計舎の創業は昭和41年(1966年)、日本が経済成長を続ける真っ只中のことだ。「市役所などの公的機関による道路工事はそれまで自らコンサルをやっていました。でも私たちの創業のころ、コンサルの部分を外注するようになりました」そう話すのは代表取締役の富樫仁。

「実際の工事が地域住民の安全や利便性に寄与するのは当然ですが、私たちの行う建設コンサルというのも大きくその部分に関係します。私たちは利用者の安全を請け負う仕事なのです。そのため最も大切にしているのが技術力。会社である以上利益はもちろん重要な部分ですが、それ以上に重要なのが、確かな技術力のもと信頼してもらえる仕事を最優先するということです」

地域住民、施主から信頼される仕事をするという信条は創業当時から受け継がれているという。大手企業も含め、数ある建設コンサルタントのなかで庄内測量設計舎が半世紀以上事業を続けてこられた要因の大きなものはここにある。技術力の向上と保証を担保するため、日本品質保証機構(JQA)によるISO品質管理を稼働させている。この基準をクリアするには、一朝一夕の努力だけでは無理。社員一同、安全を守るための技術力、品質向上という同じ意識を持っていないとクリアできないという。そのほか、建設コンサルタンツ協会(庄内地域ではここのみ入会)をはじめ、さまざまな協会、委員会に所属し、最先端の技術に触れて最新型のドローンでの測量を取り入れるなど技術の向上を目指している。

ただし、副部長という管理職でありながら、業務担当者として現場に出ることも多い伊藤信生は「現在はひとりの人間が、河川、橋梁、農業土木といった様々な業務を担当している状況です。幅広い業務に対応できることは地域の建設コンサルタントとして重要なことですが、いくつかの深い技術力が無いとこれからは難しい。だから、幅広い知識を持ちながらもエキスパートをつくる形での技術力の向上が重要」とも話す。最先端の技術を共有しながら、エキスパートも育てていくという体制を模索している。

地域のお医者さんとして

庄内測量設計舎が大手建設コンサルタントと競合し活躍し続けることができるもうひとつの要因は、地域というキーワードだ。富樫はこう話す。

「山形庄内はご存知の通り、農地の多い地域です。そのなかでの仕事、つまり農地設計というものは、農家さんとの打ち合わせがすごく多くなるわけです。ほかの地域に比べて時間効率が悪くなってしまう。そのため大手は敬遠しがちとなりますね。地元に密着した会社でないとできない仕事なのです」

また県外で同業を経験し、Uターンで庄内に戻ってきた技術部の伊藤も仕事のやりがいとして「以前は、遠方の仕事が多かったですね。言ってみれば知らない土地、というか。しかしいまは地域の仕事ができる。その意味でこの仕事を選んだ部分はありますね」と話していた。

秋田大学で地質学の勉強をしていた技術部・環境地質課の斎藤洋爽も地域というキーワードが入社のきっかけのひとつだった。

「秋田大学で4年生のときに『庄内地域に関する地質の研究』というものをしていました。山岳部にも所属していて、地元庄内の地質というものに興味があったんです。それを活かせる仕事はないかなと探していたなかで現在の仕事に。いまは、ボーリング調査をして、耐震などの数字をクリアできるかといった仕事をしています」

庄内地域で50年以上仕事を続けてきたからこその信頼関係もある。地域と密着し、地域コンサルとしての地位を作り“街のお医者さん”といった存在になっていきたいと富樫は話す。

地域、庄内測量設計舎、わたしたちのこれから

高度経済成長期のように道路、橋などの社会資本を新しく整備するという時期は終わった。もちろんこれからも新たな建設工事がなくなることはないが、それよりも補修などの工事が増えてくる。そういったなかで、庄内測量設計舎はどのような方向を目指していくのか聞いてみた。庄内の未来については悩んでいるとしながらも、富樫はこう話す。

「まずは国土の強靭化。庄内地域に限ったことではありませんが、やはり日本は災害の多い国。その災害への対策を考慮しながら、道路や橋などの補修や長寿命化を考えていかなくてはいけない。そのためにはさらに技術レベルの向上が必要とされるわけです。そこを開発していかなくては未来はないと思います。そのほかに例えば、イオンのような大型施設の開発計画にも参加しています。そうなるとまた道路などのいわゆる社会資本とは違った形で都市計画に参加できるということ。そういったところにもチャレンジしていきたいと考えています」

また、日本の技術と経験を活かして海外進出も視野に入れているという。とくに庄内の農地での経験をいかし、現在日本貿易振興機構(JETRO)とともに中国へ灌漑施設の建設を提案しているということだ。

これから、というキーワードで社員に話を聞くとやはり“技術力”という言葉で話をしてくれた。

管理職としての立場もある伊藤は「業界自体が縮小傾向にある。だからこそ後輩をきちんと育てたいと思っています。より深い技術を持って仕事をしていくことで未来へも信頼が得られる仕事ができると考えています」と話す。

環境地質課の斎藤は「現在の仕事を深めていくのはもちろんですが、それを広げていく形で設計など新たな分野にも挑戦していきたい。現場はもちろん、資格取得も含めてさまざまな勉強をしたいと考えています」と話す。総務部の須田ちあきによれば会社としてのバックアップ体制は強いという。「そういった資格取得、技術力向上のためのバックアップ体制はあります。研修会などへも積極的に参加してもらっていますし、講師を招いての技術研修もあります」

地域住民の生活を大きく左右する道路、橋、施設。建設コンサルタントという仕事はその安全性や利便性を担保するもの。これからの地域の街づくりをする中心にある仕事でもあるのだ。

代表/人事担当からのメッセージ 株式会社庄内測量設計舎 代表取締役 富樫仁

当社は創業から半世紀以上、ここ庄内の土地で建設コンサルタントを続けてきました。そのなかで最も心をくだいてきたのが、「信頼してもらえる仕事をすること」です。建設コンサルタントという仕事は人々の安全を預かる仕事でもあります。信頼とは、発注主からの信頼であり、地域の人々からの信頼でもあると考えています。
現在、庄内地域を拠点に本社、仙台・山形・酒田の3支店、鶴岡・米沢・岩手・福島の4営業所を展開し、河川・砂防、道路、橋梁、農業土木などの調査設計コンサルタント業務、公共用地補償調査コンサルタント業務、測量、地質調査業務など広範囲な業務領域で技術サービスを提供することができるようになりました。今後はこの技術を海外へ展開することも視野に入れています。
地域の発展に寄与し、人々の安全を守る。そんな建設コンサルタントという仕事をともにがんばってくれる人の応募をお待ちしております。

募集概要

募集者の氏名又は名称 株式会社庄内測量設計舎
設立年月日 1966/8/17
資本金 1,150万円
従業員数 43名(2019/5月現在)
募集人数 技術部:2名
用地補償部:2名
事務職:2名
雇用形態 正社員
契約期間 期間の定めなし
試用期間 試用期間あり(6ヶ月)
就業場所 本社(山形県東田川郡庄内町余目字三人谷地69-9)
就業時間 8:00~17:30(所定労働時間:8時間)
休憩時間 10:00~10:15、12:00〜13:00、15:00~15:15
休日 年間休日:124日
有給休暇:6ヶ月経過後 10日〜20日
完全週休二日制(ただし、社内研修会として4回/年 土曜日出社)
時間外労働 有(月平均10時間)
月給見込 月給20~30万円(試用期間中は月給19万円)
年収見込 300~500万円
昇給 年1回/4月 ※業績に応じて
賞与 年2回 8月と12月 ※業績に応じて
加入保険 健康保険:有
雇用保険:有
労災保険:有
厚生年金:有
福利厚生 通勤手当:有 上限25,000円                 
住居手当 有
職務内容 【技術職】
土木施設等の計画設計、環境調査、測量、地質調査業務

【用地補償職】
事業用地にある支障となる土地及び建物等物件の補償調査等

【事務職(営業職含む)】
企画営業または会計事務等
求める人物像 目的意識など自分の考えをしっかり持っている方。
コミュニケーションのとれる方。
必要なスキルや経験 【技術職】
必須条件:建設コンサルタント及び測量設計の実務経験者または公務員で土木担当の方。
歓迎条件:技術士、測量士、RCCMの資格を有する方。CIM(3次元CAD)精通の方。

【用地補償職】
必須条件:補償コンサルタント及び建築設計の実務経験者または公務員で用地補償担当の方。
歓迎条件:補償業務管理士、測量士(補)、土地家屋調査士、建築士の資格を有する方。

【事務職(営業職含む)】
必須条件:建設関連業務に関わる営業または事務の実務経験者。
歓迎条件:会計事務所、税理士事務所で勤務経験のある方。労務管理士の資格を有する方。
選考プロセス 1.書類選考
2.面接(社長)
3.内定
会社見学随時受付けています!
必要書類 ・履歴書
・職務履歴書 
採用担当者からの一言 UIJターン大歓迎です。転職に際して不安なこと、わからないことあれば何でも聞いてください。
採用以外の質問も大丈夫です!
ご応募お待ちしています。

応募方法について

庄内の企業との出会い方は、下記の通り3つあります。ご自身の状況に合わせてご選択下さい。
ご自身の経歴に応じて採用パートナー(ヤマガタデザイン)から掲載企業をご紹介させていただく場合もあります。
※ご紹介した場合でも、内定が確約されるものではございません。

応募する
書類選考
書類提出後、不備等がある場合は、採用パートナーから連絡をさせていただく場合があります。
一次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください
スカウト登録
スカウト登録をする
スカウト登録をすると、掲載企業があなたの情報(※)を閲覧できるようになります。 掲載企業があなたに興味を持った際には、採用パートナーから連絡をいたします。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 ※個人を特定出来る情報は開示されません。
話を聞く
就転職フェアに参加
年に数回、庄内もしくは東京で直接企業人事と出会えるイベントを開催します。 仕事の事、生活の事、何でも聞いてみて下さい。

就転職フェア特設サイトはこちら

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について