シゴト

山形の求人サイト
ヤマガタノシゴト

エンド・ユーザーの
お困りごとを解決する。
ありがとうと言われる
ソリューションが生まれる現場

株式会社プレステージ・インターナショナル 山形BPOガーデン

情報技術本部 山形IT推進 マネージャー / ロードアシスト第二事業部 山形ロードグループ リーダー

佐藤将吾 / 佐藤いずみ

サトウショウゴ / サトウイズミ
SCROLL

株式会社プレステージ・インターナショナル 山形BPOガーデン

緑の中に白く浮かぶオフィス。何の建物だろうかと足を止め、見とれてしまう。オフィスの中もそれは続く。ゆったりと広がりのある空間に、ワクワクと落ち着きが同居したようなカラーリング。その空間を利用した打ち合わせスペースやスタンディングカフェなどがあり、生き生きした顔の社員たちが行き来している。
ここはBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を展開する、株式会社プレステージ・インターナショナルの主要拠点のひとつである山形BPOガーデン。オフィスそのものの居心地のよさに加え、託児所やカフェテリアを併設するなど、労働環境は抜群。ともにその山形BPOガーデンで働き、2017年に結婚した佐藤将吾、佐藤いずみ夫婦にお話を伺った。

株式会社プレステージ・インターナショナル 山形BPOガーデン 事業概要

株式会社プレステージ・インターナショナルの主要拠点のひとつとして2013年に開設。BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を提供するコンタクトセンターとして、ロードアシスト事業、プロパティアシスト事業、インシュアランスBPO事業などの業務を展開し、500席のオペレーションブースを備え、365日24時間体制でエンド・ユーザーのお困りごとを解決している。エンド・ユーザーからの連絡を受けるだけのコンタクトセンターではなく、プレステージ・インターナショナルグループでは現場応急処置に向かう専門の部隊を保有しており、迅速かつ丁寧なサービスをワンストップでダイレクトに提供している。これは民間の会社ではほかに例を見ないシステムだ。
 現在酒田にあるオフィスに加え、2018年10月に鶴岡にもオフィスをオープンし、酒田にも第2BPOを増設予定。また、女子スポーツチームである「Aranmare(アランマーレ)」の運営をはじめとし、夏祭りの開催などを通じてより地域に根付く形で共生していくため、山形BPOガーデンも現地法人化を目指している。

山形BPOガーデンは株式会社プレステージ・インターナショナルのコンタクトセンター拠点として2013年に開設された。
トラブルサポートアシスタンスを軸にロードアシストやホームアシスト、海外アシストなどのBPO業務を担当している。

佐藤将吾:現在私は、自社のシステムやアプリ開発企画をメインにIT関連の業務を行っています。ひとつの例としては、コンタクトセンターやトラブル現場への駆けつけサービスのなかで作る業務報告書や、クライアントへの報告書をより正確で簡単に作れるようアプリ化しました。今後は開発システムの外販や当社のツールを使ってクライアントと新しいサービスを作るといったことを展開していく予定です。

佐藤いずみ:私はロードアシスト事業部が電話をとった案件に関わる費用精算業務をしています。提携出動会社への支払処理や、クライアントへの保険請求処理などをしています。何十社ものクライアントになりかわり支払いや請求をするという業務のため、ロードサービスと保険の知識が必要となります。

-山形BPOガーデンは2013年に開設されましたが、おふたりが入社したのはいつでしょうか。

佐藤将吾:私はオープニングスタッフとして、山形BPOガーデンが建つ前から入社していて、半年間秋田県にある当社別拠点で研修をしていました。そしてオープンとともに山形に戻ってきました。当時はパークアシスト事業部で、コインパーキングのオペレーション業務をやっており、それを秋田から引き継ぎ山形で立ち上げました。その後営業に異動し、現在のIT業務につきました。

-様々な経験をされているんですね。

佐藤将吾:意外とつながる部分があるんですよ。パークアシスト事業で営業をしていた頃、NTTドコモと当社で新しいサービスを開発しようと共同プロジェクトが立ち上がり、スマートパーキングというセンサー型の駐車場の開発を一緒にさせてもらいました。そのころからITを利用したシステムに興味を持ち始め、現在の部署に異動したいと声をあげたんです。

-そういった声は反映されるんですか。

佐藤将吾:そうですね。さらに定期的に社内公募もあります。私のときはIT職でしたが、ほかには海外拠点のスタートアップメンバーの募集などもあるので手を挙げれば声を聞いてくれます。だから自分にとってよりやりがいのある仕事や職種にチャレンジできる環境だと思います。

-いずみさんはどういった経緯で入社を?

佐藤いずみ:私は2014年に入社しました。高校を卒業してから調理師の専門学校に通い、東京の飲食店に就職しましたが、やはり地元がいいなと東京の生活はそれほど続かず戻ってきました。就職したのが都会で、周りに友達もおらず、休みの日も何もせずに過ごしていたんです。地元に帰り友達と遊んだ際、行動範囲も広く、地元に帰りたいなと思いました。そして酒田で飲食店の仕事を続けていたのですが、夜遅くなることも多く体力が持たなくなってきた時に、プレステージ・インターナショナルの事を知り現在の部署立ち上げの募集があったので応募しました。また、プレステージ・インターナショナルは女性が働きやすいという話も聞いていて、これまで仕事があまり長続きしませんでしたが、その評判通りすごく働く環境が整っていたため、未だに続いています。

女性が働きやすい環境というように、山形BPOガーデンの社員の8割近くは女性だという。産休・育休への理解はもちろんのこと、山形BPOガーデンには託児所も併設され子育て世代でも安心して働くことができる。それにより出産、子育てなどを経ての復帰はほぼ100%だという。また“働く環境への配慮”は女性に対してのものだけではない。仕事としても人生としてもさまざまなステージがあるように、ワークライフバランスも変わるはずだ。プレステージ・インターナショナルではそのステージそれぞれにできる限り対応し、多種多様な働き方ができる環境を提供している。例えばITのようなスペシャリストとして働いたり、将来的には経営者を目指しマネジメント業務を主にするなどといったポストも用意されている。働く社員のライフプランにあった環境に配慮した職場なのだ。

-女性が働きやすいということでしたが、実際にそう感じるのはどのような部分ですか?

佐藤いずみ:オフィスがきれいというのも個人的にはそのひとつだと思っています。また、カフェテリアもあるため、お弁当を作れないときに低価格でおいしいものが食べられるのも嬉しいです。仕事上でも私の部署は女性の上司のため、結婚のこともそうでしたし、産休・育休を含めたこれからのこと、さらにその先のステージのことまで、女性同士なので話しやすいなと感じることが多いです。

佐藤将吾:同じ会社のなかで結婚して仕事がやりづらくなる、なんていう話を聞きますが、私たちはそんなことはないですね。基本的に部署も複数、職種もいろいろあるので、同じ部署でやりづらいというところがあれば、それをきちんと伝えて、別の部署で働くという選択もできますし。そういう配慮は行き届いていると思います。

佐藤いずみ:福利厚生のひとつとして、結婚した時にも結婚特別休暇をいただきました。そのとき将吾さんは東京にいたので、その休みを使って会いに行けました。会社もそういったことを理解してくれているんだと感じました。

佐藤将吾:環境ということでは、チャレンジが許されるというのも魅力のひとつで、私もこれからまた新しいことにチャレンジしたいと思っています。アプリ、システムの外販という話も進んでいますし、当社のツールを使ってクライアントと新しいサービスを作るというプロジェクトも立ち上がっています。当社はBPO事業を通して培ってきたノウハウがあり、いわば“業務プロセス”のプロ。だからシステムやアプリを使ってプロセスごとに見直していくという、ITコンサルのような仕事もしていきたいと考えています。

代表/人事担当からのメッセージ 上席執行役員 山形BPOガーデン長 太田嶋匡哉

当社は「エンド・ユーザー(消費者)の不便さや困ったことに耳を傾け、解決に導く」という理念のもとトラブルサポートアシスタンスを軸に、BPO事業を展開している会社です。山形BPOガーデンはコンタクトセンターの拠点として、お客様との接点となるいわば顔の部分です。人でなければできない親身な対応を心がけ、スピーディーかつ丁寧なサービスを提供していきたいと思っています。BPO、コンタクトセンターということで受動的な業務という印象を受けるかもしれませんが、積み上げてきたノウハウなどを活用し積極的に提案型の業務も行っています。2016年に次の10年に向けたNEXT10を発表し、2018年10月には鶴岡オフィスを開設、さらに酒田に第2BPOの増設を予定、より地域に根付いた企業となり、将来的には現地法人化を目指しています。
働く環境としては、働く人のライフプランに合わせたワークライフバランスを提供できるよう心がけています。仕事に集中し実力をつけたい時期、結婚や出産などプライベートにより時間をかけたい時期、子育てに目処がつき職場に復帰して前線で働きたい時期。その時々よる働き方が提供できればと考えています。
やりがいのある仕事、充実した人生を一緒に作り上げるみなさまのご応募をお待ちしております。

募集概要

募集者の氏名又は名称 株式会社プレステージ・インターナショナル
募集人数 5人
雇用形態 正社員(フルタイム)
契約期間 期間の定めなし
試用期間 試用期間あり(6ヶ月)
就業場所 山形県酒田市京田4丁目1-1
就業時間 シフト制 実働8時間
休憩時間 1時間
休日 シフト制(年間120日)
時間外労働 有(月平均10時間)
給与 経験度合いやキャリアを勘案し、決定させていただきます。
(固定残業代等がある場合)
1. 固定残業手当(時間外労働の有無に関わらず
 18時間分の時間外手当として35,000円を支給)
2. 18時間を超える時間外労働分についての
 割増賃金は追加で支給
3.SP(スペシャリスト)手当有
→給与支給規程及び準社員就業規則に基づき、他社でも活かせる公的資格を有し、
 該当課に属して業務に従事し活用している期間に支給する手当
昇給 年1回/7月
賞与 年2回/6月、12月 業績により支給します
加入保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険
福利厚生 通勤手当、昼食補助、社員寮、託児所、ガソリンカード、スマホ法人価格 等
職務内容 スペシャリスト職
IT・会計・マーケティング等、事業拡大のためのオープンポジションとして管理者を担っていただきます。
求める人物像 ・様々な分野の最先端の取り組みに関心が高い人
・困っている人に対しホスピタリティを持てる方
・地域貢献に意欲的な方
必要なスキルや経験 下記のような知識や経験がある方を歓迎します。
・他社でも活かせる公的資格を有している方
・パソコン操作(Word・Excel・PowerPoint)が得意な方
選考プロセス 1.書類選考
2.採用試験[筆記試験・タイピング・適性検査・面接]
3.内定
会社見学会は随時受付けています!
ご希望の方は下記「話を聞く」よりご連絡ください。
必要書類 ・履歴書
・職務履歴書
採用担当者からの一言 UIJターン大歓迎です。これまでのあなたの経験を生かして仕事をしつつ、
地域貢献を一緒にできるメンバーを募集しています!
採用以外の質問でも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせください。
ご応募お待ちしています。

応募方法について

応募方法は下記のとおり2つご用意しております。ご自身の状況に合わせてご選択ください。

気になる企業の担当者から話を聞いてみたい方

話を聞く
ご希望の日時をご入力ください。
日程調整
日程調整はアドバイザーが行います
簡単なアンケートもご協力ください
面談
WEBまたは直接面談の選択となります
(企業によってはどちらか一つの場合もございます)
応募する
以降は「応募する」と同じ流れです

今すぐ選考に参加したい方

応募する
一次選考
二次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について

  • 面接支援

    面接のために庄内に来る方を対象に、SUIDEN TERRASSE宿泊(1泊1名朝食付き)を無料でサービス。
    ※本WEBサイトの応募フォームから企業面接を申し込み、面接日程が決まった方(1名につき1泊のみ)に限ります。

    申請する
  • 家探支援

    内定承諾後、更に無料でもう1泊(1泊2名まで朝食付き)サービスいたします。

    申請する
  • 新生活支援

    本webサイトの応募フォームから応募し、ご入社が決まり30日以上在籍した場合に、
    2万円〜(企業によります)を、新生活支援金としてお渡しいたします。

    新生活支援金申請の流れ
    ① 本webサイトから応募 ②ご入社 ③申請 ④支払い(30日在籍したかどうか、企業側と求職者側に確認いたします。)

    申請する