シゴト

山形の求人サイト
ヤマガタノシゴト

想いをカタチにする。
住みたい家、住みやすい街を
現実にする創造性と専門性

株式会社丸高

土木工事部 土木課 技術主任 / 建築工事部 建築課 技術主任長 / 総務部 経理課 課長

佐藤拓己 / 佐藤一志 / 奥山秀

サトウタクミ / サトウヒトシ / オクヤマヒデ
SCROLL

株式会社丸高

「街を作るためには、モノやカタチを作るだけではだめ」と話すのは、創業から70年の歴史を持つ株式会社丸高の代表取締役・高橋剛だ。一般の住居や事務所、工場などの建築工事、道路工事などの土木工事を手がける建設会社が“モノを作るだけではだめ”と言う。「我々は、街づくりという観点をもって仕事を考えています。そこから始めることで、機能性だけでない、住みたい家、住みやすい街が生まれると思っています」。建築、建設を街づくりと捉える会社で、建築の現場、土木の現場、さまざまな会社と関わる経理の各々のステージで働く三人に、それぞれの仕事が街づくりとどう関わっていると考えているか聞いた。

株式会社丸高 事業概要

昭和23年(1948年)に創業。70年の歴史を持つ建設会社だ。時代と共に変化する住環境のニーズをとらえ、「お客様が今何を一番望まれているか」をとことん追求しカタチにしてきた。地域特有の気候風土で培われてきたノウハウをもとに、現在は住居や事務所の建築や、道路工事や河川工事などの土木インフラの分野でも活躍している。酒田に本社を置きながらも、山形支店(山形市)、仙台支店(仙台市)を持ち、広く東北エリアにおいて建設工事を行っている。
 代表取締役の高橋剛は「モノ、カタチを作るだけでなく、常に街づくりの観点から仕事をしたい」と話す。また「現在は時代の変わり目。だからこそ建設業の出番」とも。現在の都市の状況を冷静に見つめ、これからの都市のあるべき姿を創造して“街づくり”を見据えながら住居を建て、道路を作る。そうすることが結果的に“より快適な生活”につながる。ただモノを作るだけでない、想いをカタチにする建設業を担うのが丸高だ。

-株式会社丸高は、住居の建築から土木工事まで手がけていますが、みなさんのご担当を教えていただけますか。

佐藤一志:わたしは建築の現場監督です。住居やビル、事務所、工場といった建築物全般ですね。

佐藤拓己:わたしは公共工事を主に、河川の工事や土砂崩れ対策の工事など、土木工事の現場監督をしています。

奥山秀:ふたりは現場に出てモノづくりを主として働いていますが、わたしは経理業務を担当しています。

佐藤一志:建築は、お客様が直接使うものが多いので、「ありがとう」といった利用者さんからのレスポンスが早いのでうれしい。土木はどうなの?

佐藤拓己:たしかに土木は公共工事がメインなのでそういう利用者さんの直接的な言葉が届くことはほとんどないです。技術力や現場力といった多くの項目で評価をされるので、「次も頼みたい」といった言葉をいただくことはあります。

佐藤一志:でも、地域生活への貢献という意味では土木の方が影響が大きいですよね。

佐藤たくみ:最近では平成30年3月に開通した、余目酒田道路工事に携わっていました。渋滞緩和の目的だけでなく、災害時の緊急輸送路の確保や救急医療体制の充実を図る道路でもあります。加えて、この道路が開通することで庄内、最上両地域の連携強化が期待できるという目的もあります。そういうニーズを実現することで生活が変わる、つまり街づくりの一旦に関わることができたといううれしさはあります。もちろんひとりで作った、ひとつの会社で作ったというものではないのですが、その道を通ったときに「ここは自分が仕事をした」というふうに思うこともありますね(笑)

-丸高は“街づくり”ということを意識された建設工事をされていますが、みなさんはどのように感じていますか?

佐藤一志:いまはこれまでに建てられてきた住居、ビルが、年数も経ており建て替えなどの変わり目だと思っています。酒田大火が1976年ですから、40年以上経つんですね。その災害により新たに建てられたものも築40年以上ということになります。それはひとつの象徴的な例ですが、そのほか住居やビルなどが多く建てられた時期でもありました。それらの老朽化が進み、補修・改修が必要となる。もしくは取り壊して新たに建設する。そういう変わり目だと思います。

佐藤拓己:それは土木などのインフラも同じですね。自然環境が厳しいのもあるかもしれません。海があるので津波対策もするし、風の対策もしなくてはいけない。冬になれば、大雪と地吹雪もあります。そういった要因で補修が必要になることもあります。それに加えて、生活様式が変わることで新規に道路や河川の工事、土砂崩れの工事などのニーズも増えています。

佐藤一志:そういう、生活が変わる時期というのは、“街づくり”の出番なんですね。

奥山:わたしは経理なので、ふたりのように現場で実際にモノづくりをしているわけではありませんが、この会社が地域に育てられているという感覚があるんです。弊社は住居から公共工事まで幅広く手がけているので、経理の仕事をする上で、一個人から規模の大きな会社まで、さまざまなお客様とお話をする機会があるんですね。そういうお話を聞いていると、地域があって、生活があって、といろいろな視点があって、それぞれと向き合うことで会社もいっしょに育っているという感覚がします。だから街づくりという視点を持って、ある意味で恩返しのようなことができたらと思っています。

-これからどのような街づくりをしたいというビジョンはありますか?

佐藤拓己:難しいですよね。土木工事の担当としては、まずは目の前の工事を地道にやっていくということしか言えないかもしれないですね。土木工事は生活に密着したものなので、それによって生活が変わっていく。工事を終えることで、生活がきっと快適なものへと変わっていくと思っています。

奥山:工事をしている人間として、普段気がつくこともありますか?

佐藤拓己:ありますよ。車で走っていてここを直したほうがいいなとか。生活している人の多くが感じることかもしれないですけど、ここに道路が通ったら便利になるなとか。ただ、話に出た余目酒田道路は、計画決定が2003年で完成したのが2018年なので15年もかかっているんです。その間にも生活様式みたいなものは変わっているでしょうから、難しい問題だと思うときもあります。

佐藤一志:県外の大学に行ったんですね。長男だったのでいつかは酒田に帰って来るんだろうなとは思っていましたけど、実は帰ってくるときには「まだあそこには帰りたくない」と思っていたんです。つまらない、寂しい街とか思っていたんですかね。あまり覚えてはいないですけど、少なくともあのとき思っていた“あそこ”がいまは“ここ”で、さらには“ここをどのような街にしていくか”ということに携わっているわけですよね。わたしは生きていく中で一番に考えているのが「家族」。そのあとに地域と仕事というのが来るという感じなのですが、家族、地域、仕事というのがすべて合わさって思うのが、最後には戻ってきてもいいと思える街づくりですね。息子が学校や仕事でどこか県外に行きたいといえば、反対はしないですけど、最後には戻ってきてくれるような街にしたいと思っています。

代表/人事担当からのメッセージ 代表取締役 高橋剛

弊社は昭和23年より70年以上、変化する住環境に合わせ常にお客様優先でそのニーズを現実にするよう努めてまいりました。現在は、住居や工場、事務所などの建築物や、道路や河川工事といった土木事業も手がけています。“よりいい生活を”という意識の元、これまで積み上げてきたノウハウを活用し、土地探しといった企画段階から専門のサービスを提供しています。
現在は時代の変わり目、つまり建設業の出番だと考えております。建設業という業者はモノを作る会社です。しかし、単にカタチを作るだけの会社だとは思っていません。我々が目を向けるのは常に“街づくり”。住居や事務所そしてインフラを作るわけですが、どのようなものをどこにどのように作るか、常に地域性を考え街づくりの観点から創造する会社であろうと考えています。
建築経験を問わず、企画力、熱意のある人をお待ちしております。自分がしていて面白い仕事、そしてお客様に、地域に還元できる仕事、そのふたつを兼ねた“意義深い仕事”を共にしていきたいと考えています。

募集概要

募集者の氏名又は名称 株式会社丸高
募集人数 10人
雇用形態 正社員(フルタイム)
契約期間 期間の定めなし
試用期間 使用期間あり(3ヶ月)
就業場所 本社(山形県酒田市下安町41番地の1)
または現場作業所
就業時間 所定労働時間 7.5時間
休憩時間 10:00~10:15、12:00~13:00、15:00~15:15
休日 年間100日
時間外労働 有(月平均20時間)
給与 1.技術職(土木、建築)  
基本給18万円(新卒クラス)~40万円(ベテランクラス)
(資格取得1級か2級、現場管理経験値等で金額幅があります。
現場管理職手当(時間外労働の有無に関わらず支給)
資格免許手当(対象資格免許所有者(資格数に制限なし)に定年まで毎月支給)
現場管理手当(担当現場の責任者として配置の場合支給)

2.営業職 3.企画職
基本給16万円(新卒クラス)~40万円(経験者クラス)
営業手当

上記1、2、3の手当は、基本給と別途
昇給 年1回/4月
賞与 年2回 7月、12月(前年度実績 3ヶ月)
業績による支給となりますが、過去10年は毎年支給されています。
加入保険 雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険
福利厚生 交通費支給、社有車配備(配備の場合は交通費なし)、パソコン貸与
職務内容 1.技術職(土木、建築)  
 資格を必要とする仕事ですが、会社の資格取得支援制度を活用して業務補佐をやりながら資格が取得できます。

2.営業職(土木、建築、住宅)
 土木営業は公共工事、建築営業は提案型の民間工事が主となります。住宅営業は、クレバリーホームの商品販売の営業です。

3.企画職
 事業拡大のための新規企画や会社の課題改善案を模索しながら経営推進の補佐を担う仕事です。
求める人物像 ・モノ作りが好きでどんな些細な技術にも興味や関心が高い方。
・様々な事業や新分野の仕事の開拓に興味のある方。
・いい意味での奇人変人。
・元気のある方(カラ元気も歓迎します。)
必要なスキルや経験 ・パソコン操作(Word、Excel、CAD)ができる方、またはパソコン全般に興味のある方。
・技術職については、土木、建築の専門課程を修了した方であれば尚可です。
・営業職については、できれば経験者を希望します。経験がない場合は、やる気のある方を歓迎します。
・企画職については、どんな課題を抱えていてどうすれば解決することができるのかを考えることが好きな方、新しいことに果敢に挑戦する姿勢のある方を希望します。
選考プロセス 1.書類選考
2.面談(部門長)
3.役員面接
必要書類 ・履歴書
・職務経歴書
採用担当者からの一言 卒業後3年未満の方、新卒予定の方、UIJターンの方、転職を考えている方、前向きな方であればどんな方でも大歓迎です。
丸高に興味をお持ちいただけた方は、お気軽に連絡ください。ご質問、ご不明な点はいつでもお問い合わせください。
特技、幅広い趣味をお持ちの方、大歓迎です。ご応募お待ちしています。

応募方法について

応募方法は下記のとおり2つご用意しております。ご自身の状況に合わせてご選択ください。

気になる企業の担当者から話を聞いてみたい方

話を聞く
ご希望の日時をご入力ください。
日程調整
日程調整はアドバイザーが行います
簡単なアンケートもご協力ください
面談
WEBまたは直接面談の選択となります
(企業によってはどちらか一つの場合もございます)
応募する
以降は「応募する」と同じ流れです

今すぐ選考に参加したい方

応募する
一次選考
二次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について

  • 面接支援

    面接のために庄内に来る方を対象に、SUIDEN TERRASSE宿泊(1泊1名朝食付き)を無料でサービス。
    ※本WEBサイトの応募フォームから企業面接を申し込み、面接日程が決まった方(1名につき1泊のみ)に限ります。

    申請する
  • 家探支援

    内定承諾後、更に無料でもう1泊(1泊2名まで朝食付き)サービスいたします。

    申請する
  • 新生活支援

    本webサイトの応募フォームから応募し、ご入社が決まり30日以上在籍した場合に、
    2万円〜(企業によります)を、新生活支援金としてお渡しいたします。

    新生活支援金申請の流れ
    ① 本webサイトから応募 ②ご入社 ③申請 ④支払い(30日在籍したかどうか、企業側と求職者側に確認いたします。)

    申請する