シゴト

山形の求人サイト
ヤマガタノシゴト

始まりは大雨による貯め池の決壊。
土木と建築の両分野で開発を進め、
地域の基盤を足元から支える。

前田製管株式会社

営業本部 開発営業部 統括部長 / 宇都宮工場 工場長

土田 保 / 植田 孝行

ツチダ タモツ / ウエダ タカユキ
SCROLL

前田製管株式会社

土木と建築の両部門において必要不可欠なコンクリート製品。コンクリート部材の製造を軸に、設計から製造、施工までをトータルで担う前田製管は、取扱量、技術、品目、営業エリアの広さでは地元建設業界はもとより、大手・中堅ゼネコンまでも一目置く貴重な存在だ。土木部門で営業を統括する土田保と、建築部門の製造現場で指揮をとる植田孝行にインタビューを行った。

前田製管株式会社 事業概要

創業は1929年。現社長の祖父にあたる創業者前田巌は、地域の主な産業である農業の発展に大きく貢献。晩年は庄内空港の建設計画を推進し、のちに「ミスター庄内空港」と親しまれるようになった。

創業当初は、用排水路やヒューム管といった土地改良事業が主であったが、コンクリートの持つ強度、製品加工、大きく重く施工が難しいと言った課題を現場に根ざした開発力により次々にクリアし、地元自治体、大手・中堅ゼネコンからの信頼を獲得。高度経済成長以降は都市土木にも進出し、道路・鉄道網の整備に始まり、パイルと呼ばれる建築物の基礎杭の製造・施工に事業範囲を広げた。

その拠点は山形県のみに留まらず、北海道から東日本全体をカバーする全国有数のコンクリート二次製品メーカーとして成長を遂げていった。創業から90周年を迎える2018年度。設計・製造・施工までの一貫体制を確立し、新素材の開発と活用にも積極的に取り組む日本有数のイノベーティブなモノづくり企業となった。

最近では道路などの地域のインフラから、商業施設、マンション等の基礎工事に留まらず、梁や柱等の建築部門及びトンネル工事におけるセグメント等に幅広く貢献し、2020年の東京オリンピック関連でも主要施設の建設に大きく貢献している。

−まずお二人の経歴をお聞かせください。

植田孝行(以下、植田):私の出身は北海道です。八戸工業大学で建築を専攻したのですが、たまたま私の研究論文のテーマがコンクリートに関するもので、当時会社の技術陣が研究していた内容と同じものだったんです。燃えにくくて扱いづらいといわれるお米のもみ殻の特性を逆手にとり、燃やした後のもみ殻灰をコンクリートに混ぜて強化することができるのではないか、という廃棄物の再利用の取り組みです。土木学会や日本建築学会で発表を聞いたときに、テーマが同じということでお話しさせていただく機会もあり、それがご縁でこちらに就職しました。

−宇都宮工場にやってこられた経緯とは?

植田:最初は酒田の本社に入社したんですが、3年ぐらいして福島県の郡山工場で建築を実地で学ばせてもらいました。それから営業も経験し、15年前に宇都宮工場で建築部材の製造を行うということで、社長に声をかけていただいて宇都宮にやってきました。こちらの工場では、原材料である鉄筋の加工組立を行い、それを型枠にセットして、やはり原材料であるコンクリートを練り混ぜて打設する鉄筋コンクリートの建築部材を製造しています。 従来、建築部材は建設現場で鉄筋と型枠を組み、そこにコンクリートを流し込む現場内といわれる手法が一般的ですが、都心の現場は作業スペースが限られ、納期も短いケースが多く、設計どおりの品質を維持するのは難度が高い作業です。そこで弊社は、工場でプレキャスト・コンクリートと呼ばれるある程度の形の部材をつくり、現場に運んで施工するという方法で建築現場の省力化に貢献しています。

植田:スーパーゼネコンさんからご指名をいただき、東京や神奈川などの都市開発に参画させていただく機会も多いです。おもに高層住宅の建築です。それと最近ですと、2020年の東京オリンピックで使用される競技場の建設にも関わっています。階段状の客席などのコンクリート部材を工場で製造し、建設現場に供給しました。

−土田さんも経歴をお願いします。

土田 保(以下、土田):私は庄内の鶴岡で生まれ育ちまして、地元に密着した会社として前田製管の名前は子どもの頃から知っていました。そして工業高校の建築科を出たので、就職先として建設会社を探し始めました。また、1992年に山形で国体が開催されたのですが、前田製管はラグビー競技に協賛する指定企業でして、私もラグビーをやっていたものですから、地域貢献も兼ねて弊社への就職を希望した次第です。

−酒田本社に就職されて、現在は仙台の東北支社に勤務されているんですね。

土田:入社した当時は酒田で設計図面を作成して工場で製造に立ち会うなど、建築部門に携わっていました。阪神淡路大震災の際には、庄内町にある本社工場で製造した部材を積んだ大型タンカーが、酒田港から神戸港へと向かう様子なども見る機会がありました。

−江戸時代の北前船を連想させますね。

土田:まさに同じような航路をたどって神戸まで建築部材が運ばれていました。それからしばらく東京に赴任したのち、今度は2011年、東日本大震災のあとに仙台に移りました。復興に関わる事業で弊社ができることはすべて行おうということになり、東北支社で土木の営業部門を担うことになったのです。

−震災直後に東北に行かれ、復興事業はどのように始まったのでしょうか。

土田:まずは青森の八戸から仙台まで、車で1日半かけて沿岸の被災地を見て回りました。最初は壊滅状態となった現状を見ることだけ。1000年に1度といわれる震災でしたから、当然、役所もゼネコンさんも我々も、どうしたらいいかすぐにはわかりませんでした。

-あたり一面が瓦礫で覆われ、被災者の救出作業が続けられる様子は、テレビで終日放映されていました。

土田:沿岸の道路がすべて寸断されて人も物も運べない状態だったので、まずは復興道路をつくることになりました。それから、下水道などのインフラです。もし再びこれだけの規模の津波が来るとしたら、どのぐらいの高さの防波堤が必要なのか、人の住む場所をどこにすべきなのか。建設コンサルタントや役場の方々と議論し、国につけていただく予算や実際にかかる経費を算出しながら計画を立てていきました。

−御社が製品の据え付け工事を請け負う際には、やはり東北が拠点という工場からの距離的な近さも強みになったのでしょうか。

土田:現場でコンクリートを打設して構造物をつくる方法もありますが、工場でコンクリートを型枠に入れて固めるプレキャストの工法で部材をつくれば、作業スピードを大幅に早めることができます。そのためには、距離が近ければ近いほど時間のロスが減ります。弊社は今年で創業90年なので、先輩方が積み上げてきたノウハウがありますし、そのプランに応えてくれる工場の生産力もあります。昼夜問わず稼働してくれた工場によるところは大きいです。

植田:被害を受けて人々が困っているときに大切なのは、やはりスピードです。通常であれば、前田製管が一社で請け負った方が管理もしやすく、スムーズな部分もありますが、東日本大震災のときは弊社の複数の工場が役割分担をしたうえで、さらにこれまで関わったことのないメーカーさんとも協力しながら復興事業に携わりました。弊社だけで進めるとしたら1年かかるような規模の工事を、実際に3ヶ月程度で形にすることもできました。

−宇都宮工場ではどのような役割を担われたのですか?

植田:うちの工場が復興住戸向けのコンクリート部材を生産し始めたのは、2013年です。それまでは木造のプレハブ状の建物が2戸か3戸連結した仮設住宅に、沿岸地域や福島の原発付近の方々が移り住んでいました。時間が経過して瓦礫の撤去もいくらか進んだので、コンクリート製の集合住宅を建てることになりました。4〜5階建ての集合住宅を宮城の気仙沼や岩手の石巻、福島の勿来などの沿岸地域に建てるところから協力させていただきました。

−御社は東北の太平洋側にも工場がありますよね。

土田:海の近くですと、宮城県亘理郡というところに山元工場があるのですが、幸いにも山元工場はじめ被災県の事業所の従業員とその家族で、亡くなった被災者はいませんでした。しかし、みんながこの被災状況を目の当たりにしているわけですから、従業員たちも自分たちがどうにかしなければ、という気持ちになったのだと思います。

植田:復興住宅の建設にあたって、その山元工場と福島の郡山工場、そして私どもの宇都宮工場の3工場が共同で6棟に部材を供給させていただきました。元々、前田製管が仕事を受注して、複数の工場がコラボすることはほとんどありませんでした。しかし、本社の上層部が全体を統括することでうまく進められたので、今では大きなプロジェクトの仕事を他の工場と共同で進める機会もあります。工場ごとの強みを共有して、コラボすることで技術力の水平化も進められています。

−東日本有数の建設関連会社として、御社の強みとなっているのは高い技術力と、そのネットワーク力なのですね。

土田:プレキャスト・コンクリート部材を製造する会社で、弊社ほど幅広い商品を手がけているメーカーはほとんどないと思います。通常ですと、橋に特化したメーカーやヒューム管に特化したメーカーというのはありますが、弊社では今ですとオリンピックの競技場にも携わっていますし、これまでに治水やダム、震災からの復興や災害対策、住宅、橋など、様々なプロジェクトを手がけてきました。

植田:大成建設さんなどスーパーゼネコンと呼ばれる大手の一角からご指名をいただいていますが、それは実績と信頼のおかげだと思っています。我々は技術を持ったモノづくり企業として、スーパーゼネコンさんが考えるプランに対して何をご提案することができるか。そこを突き詰めて考えてきました。今後も常に進化を続けていくことが大切です。

−では最後に、お二人が仕事して得られる喜びや今後の目標についてお聞かせください。

植田:スーパーゼネコンの担当者の方と工場でやりとりをして、現場でも打ち合わせをしながら仕事を続けるためには責任感が必要ですし、易しい仕事ではありません。しかしその先には、目に見える形として建物を残すことができて、住宅であれば、この建物を選んで一生暮らしてくださるお客さんがいらっしゃるわけですし、そういったやりがいというのはとても大きいです。このやりがいや喜びを味わうためには、従業員一人一人が毎日怪我なく仕事を終えて帰宅できるように、工場長として気を引き締めて仕事を続けることは重要だと思っています。

土田:私も上の方の立場になってきたので、今から10年後に100年企業として業界を引っ張っていけるように、若手の育成にもっと力を入れていきたいです。前田製管でこれまでに色々な経験をさせていただいてきましたが、何かを経験するとそれが次の動機につながっていきます。そうした継続から地域づくりに貢献していると感じたときに、仕事の手応えを得られるはずです。現場で若手と仕事をしながら、一緒にそういうことを共有していけたら嬉しいですね。

代表/人事担当からのメッセージ 代表取締役社長 前田直之

創業90年になりますが、地域のために治水事業の必要を感じて初代が創業した当初から、社是社訓は変わっていません。コンクリート製品の製造だけではなく、地域の安心と安全を自分たちが支えていこう、というのが社内で共有する理念です。

庄内平野の農業土木の分野からスタートした当社ですが、1989年に本社工場がデミング賞を受賞したことは大きな誇りであり、そのモノづくりの精神を忘れることなく引き継いで参ります。

その本社工場で製作した部材を組み立てて、2002年に大成建設さんと太平洋セメントさんと弊社の3社で、「酒田みらい橋」という橋を建設しました。フランスから技術導入した超高強度繊維補強コンクリートのダクタルという素材を用いた橋です。硬くて強い素材であることはわかっているのですが、日本国内で使用された実績のない素材だったので、行政の認可を取りにくいんですね。

そうであるならば、弊社の本社と川を隔てた駐車場に橋が架かっているので、そこを利用すれば実績をつくれると考えました。大学の教授や役所の方にも参加していただき「酒田みらい橋プロジェクト」として、川の中に橋脚を1本も立てずに長さ50メートルの橋を架けることができました。弊社が業界で初めて使用したことで、この素材は日本国内で実用化されるようになりました。今回のインタビューに答えてもらった営業本部の土田も、その開発に関わったメンバーの一人です。

弊社の仕事はそれに携わる社員本人だけでなく、家族や地域を守る仕事です。そして、自分の子どもなど下の世代のために何かを残すことをやりがいと感じられる方であれば、弊社の仕事を魅力的だと感じていただけるはずです。問い合わせをお待ちしています。

募集概要

募集者の氏名又は名称 前田製管株式会社
募集人数 都度対応
雇用形態 正社員(フルタイム)
契約期間 期間の定めなし
試用期間 試用期間あり(2ヶ月程度)
就業場所 酒田本社・東北支社・関東支社又は東北・関東地区支店および工場
就業時間 8:00~17:00(工場) 実働8時間
8:00~17:20(本社・支店[下記地域を除く])実働8時間20分
8:30~17:50(仙台・東京・青森・秋田・新潟・千葉・茨城の各支店)実働8時間20分
※1年単位の変形労働制を採用しております。
休憩時間 12:00~13:00
休日 日曜日・祝日等、年間休日日数121日(年間就業カレンダー有)
時間外労働 有(月平均10時間)
給与 ■新卒
大学院卒:203,000円
 大学卒:195,000円
 高専卒:183,000円
※上記手当には、各種手当が含まれておりません
※東京都、埼玉県、千葉県勤務者には勤務地手当として、42,000円/ 月〜52,000円/月が支給されます。栃木・茨城も手当あります。

■中途
経験等を元に設定します。
昇給 年1回 (原則4月)
賞与 年2回(夏期および年末・年始休暇前)業績により支給します。
※昨年度実績3ヶ月
加入保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険
福利厚生 社宅(民間借り上げ含む)、単身・独身者(32歳未満の方)の光熱費会社負担、確定拠出年金制度、失効年休積立制度
(社宅費2,000円から20,000円役職により徴収額が変わります。)
職務内容 ・営業職(建設業者、土木コンサル、建築設計事務所、お施主様への営業)
・技術職(製品開発・各種設計製図、土木施工管理技士又は建築士優遇)
・施工管理(土木施工管理技士優遇)
・品質管理(コンクリート技士優遇)
・その他(生産管理・経営企画・経理・総務・システム等)
求める人物像 インフラ整備等で地域・社会に貢献したい人
自分の家族や地域を守ることにやりがいを感じる方
新技術・新工法・新素材等で新しく社会基盤を構築したい人
庄内から高い技術とネットワークを発信したい人
必要なスキルや経験 ■新卒
必須:普通自動車免許(入社までに取得すれば可)

■中途
必須:普通自動車免許
歓迎:建設業界での就業経験
   1・2級建築士、1・2級土木施工管理技士、
コンクリート技士等の資格保持者
選考プロセス ■新卒
1.筆記(一般常識)試験、性格検査、計算問題
2.一次面接
3.最終面接(内容は変更する場合があります。)

■中途
1.書類選考、2.一次面接(部門長)、
3.最終面接(社長) 4.内定
(内容は変更する場合があります。)
必要書類 ・履歴書
・職務経歴書
採用担当者からの一言 社会基盤整備で地域・社会に貢献したい方、ものづくりの好きな方、体を動かすことが好きな方、人と接することのすきな方、いっしょにお仕事してみませんか。
必ずあなたに合った職種が見つかります。

応募方法について

応募方法は下記のとおり2つご用意しております。ご自身の状況に合わせてご選択ください。

気になる企業の担当者から話を聞いてみたい方

話を聞く
ご希望の日時をご入力ください。
日程調整
日程調整はアドバイザーが行います
簡単なアンケートもご協力ください
面談
WEBまたは直接面談の選択となります
(企業によってはどちらか一つの場合もございます)
応募する
以降は「応募する」と同じ流れです

今すぐ選考に参加したい方

応募する
一次選考
二次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について

  • 面接支援

    面接のために庄内に来る方を対象に、SUIDEN TERRASSE宿泊(1泊1名朝食付き)を無料でサービス。
    ※本WEBサイトの応募フォームから企業面接を申し込み、面接日程が決まった方(1名につき1泊のみ)に限ります。

    申請する
  • 家探支援

    内定承諾後、更に無料でもう1泊(1泊2名まで朝食付き)サービスいたします。

    申請する
  • 新生活支援

    本webサイトの応募フォームから応募し、ご入社が決まり30日以上在籍した場合に、
    2万円〜(企業によります)を、新生活支援金としてお渡しいたします。

    新生活支援金申請の流れ
    ① 本webサイトから応募 ②ご入社 ③申請 ④支払い(30日在籍したかどうか、企業側と求職者側に確認いたします。)

    申請する