シゴト

シゴト

現場を知り、声を聞くことが
最適なソリューションを導き出す

株式会社ホリ・コーポレーション

EC事業部 / EC事業部 システム課 / 執行役員 EC事業部部長

松浦 聡美 / 佐藤 洋介 / 堀 亘

マツウラ サトミ / サトウ ヨウスケ / ホリ ワタル
SCROLL

株式会社ホリ・コーポレーション

1975年に設立され、すでに40年以上の歴史を持つタイヤ・ホイール販売を行う企業。その歴史のなかのターニングポイントは大きくふたつ。ひとつは「タイヤ1番」というインターネット通販店を開店させたこと。ひとつは、社内でシステム開発を行い受発注業務や発送作業を効率化したこと。今回はまさにその現場にいる、EC事業部から部長の堀亘、システム課の佐藤洋介、お客様対応などの窓口業務を中心に行う松浦聡美の3人に来てもらい、そのふたつのターニングポイントで何がどう変わったのかを聞いた。

株式会社ホリ・コーポレーション 事業概要

1975年設立。国内、海外のメーカーを問わず、タイヤ、ホイール関連商品を取り扱う企業。実店舗として酒田市の「ホリタイヤ酒田店」のほか、インターネット販売店「タイヤ1番」を展開する。ホリタイヤ酒田店は2018年にリニューアルオープンし、県内最大級のホイール在庫量、展示量となった。その豊富な在庫量のなかから、他では見られない高級鍛造品までを実際に手に取り選ぶことができる。インターネット販売店「タイヤ1番」は、楽天市場を中心に、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの大手ショッピングモールで多店舗展開をする。その立ち上げは2000年。正式に楽天市場に店舗として出店するのは2004年だが、タイヤ販売をインターネットで行うというのは当時としてはほとんど存在しない中での出店だった。この形態が評判を呼び「タイヤ1番」は急成長を遂げる。受注、発送などの業務量が増加し、受注をストップする状態にもなってしまったが、現在は自社でシステム開発を行い生産性向上の実現、社員負担の軽減と業務拡大に成功した。今後も受発注システム開発に加え、発送作業のオートメーション化などを積極的に進めていく。将来的にはタイヤ通販では実現できていない「今日注文したら明日届く通販サイト」を目指したいという。

タイヤネット通販の誕生

ホリ・コーポレーションは、国内メーカーから輸入メーカーまで幅広くタイヤ、ホイール関連商品を取り扱っている企業。実店舗「ホリタイヤ酒田店」での販売のほか、インターネット通販サイト「タイヤ1番」を展開している。“タイヤ販売”というと、冬用のタイヤに交換してもらうためにガソリンスタンドに行く、多くの人がそんなイメージを抱いているかもしれない。だからこそ、インターネット通販店「タイヤ1番」を設立したのは画期的なことだった。しかもプロジェクト立ち上げの2000年は、まだ日本ではネット通販すら浸透していない時期だったのだ。

立ち上げの中心となったのは代表取締役社長を務める堀直之。そのきっかけは「遊園地のチケットをネットで買った」ことだったという。高校入学から合計7年間、アメリカに留学していた自身の経験から、日本のインターネット環境とそこに付随するビジネスに、遅れと可能性を感じていた時のことだった。インターネットの可能性を感じていた堀は、その年に売れ残ったスタッドレスタイヤをYahoo!オークションに出品してみた。“試しに”と堀は言っていたが、見事にタイヤは完売。そこから本格的にインターネット販売店の設立に乗り出した。そして2004年に楽天市場に正式出店。2005年から2006年の冬、平成18年豪雪とも呼ばれる大雪が降ったこともあり急激な成長を見せた。

タイヤのネット通販というチャレンジ

堀直之とともに、インターネット通販プロジェクトを初期から支えてきたのが、弟でもある現EC事業部部長の堀亘だ。「タイヤ1番」のプロジェクトスタートは2000年ごろ。1999年に「Yahoo!ショッピング」と「Yahoo!オークション」がオープンしたばかりで、ネット通販という意識自体がまだまだ低い時代だ。その頃にネット通販店、しかもタイヤという取り扱い品目でチャレンジすることをどう受け止めていたのだろうか。

「私は入社当初、実店舗のピットクルーとして働いていました。その経験から“ネットでタイヤを買う”という行為のハードルは様々想像していました。最初の反応はどちらかといえば反対でした。ただ、可能性はあると感じました。当時は雑誌での通販ぐらいしかなかったですからね。画期的なアイデアだと。だからハードルをどう超えるかということだけに集中することができました」

そのハードルというのをふたつ話してくれた。ひとつは“買いやすさ”。実店舗の場合は、専門のクルーもいて様々なことを教えてくれる。それをネット上でどう表現するかに苦心した。試行錯誤の末、夏タイヤ、冬タイヤという大きな枠組みから丁寧に検索できる仕組みを作り、車に詳しくない一般の客も使いやすいページを作った。

もうひとつはタイヤの取り付けという問題だ。タイヤを交換する際、自分で取り付ける人は少なく、多くの人はガソリンスタンドなどで取り付けてもらうという。となれば、ネットでタイヤを買っても取り付けられないじゃないか、という声も出てくる。そこで、「タイヤ1番」では取り付け協力店と提携して取り付けまでをしてくれるというシステムを用意した。サイト上では、自宅から近いなど便利な店舗を検索できるシステムを導入した。

これらの施策が高い評価を得て、2007年に楽天市場の「ショップ・オブ・ザ・イヤー (車用品・バイク用品ジャンル賞)」に選ばれたほか、ヤフーショッピングなどでも多くの賞を受賞している。

成功のあとの課題

その後も売上は順調に伸び成長を見せていったという。それに伴い重くのしかかっていったのが受注から発送までの現場作業だった。「繁忙期には実店舗を閉めて、手伝いをしてもらうということもありました。それでもさばけない分はお断りするという状況も……」と堀亘が話すように、ネット通販での受注数はどんどん上がっていくが、それに対応するだけの体制が整っていなかったのだ。タイヤを受注する。サイズ、メーカーなど細かな情報を間違いないように、倉庫にあるタイヤを“目”で確認する。そうして送り状を発行する。それを梱包する。その作業を、特に冬の繁忙期は社員総出でやっていたという。

「ずっと頭を悩ませ試行錯誤はしていたのですが……。目の前の作業もあり、繁忙期が終わって改善のための会議、施策、さまざまな事を実施しましたがなかなかうまくいきませんでした。昔ながらのといってしまえばそうですが、そんなやり方が続いていました」

そんな状況の中で出会ったのが現在EC事業部のシステム課で開発を行っている佐藤洋介だった。堀亘と佐藤洋介は同級生であり、同窓会でお互いに話をしたのだという。佐藤は北海道の大学を卒業後、東京でシステムエンジニアとして活躍。堀亘から声をかけられたときは、地元に帰ろうかと考えていた時期だったという。

「もともといつかは地元に帰ろうと思ってもいました。SEという職種でずっと働いてきたので、例えばリモートでも仕事ができるのではないかという考えもありました。そんななか、堀から声をかけられたんです。びっくりしましたよ(笑)」

運命的と言えばそうかもしれない。しかも佐藤がSEとしてそれまで活躍していた分野とホリ・コーポレーションが望むシステムが近いものだったのも運命的だった。

2016年に佐藤が入社。最初に手がけたのが、タイヤのバーコードと受注、送り状の関連付けだった。EC窓口で、タイヤサイズやメーカー、送付先などの受注情報をデータに入力する。そのあとタイヤのバーコードを読み取ることで、即時送り状が発行されるというシステムだった。それまでは受注情報を見ながら倉庫でタイヤをクルーが探していた。正しいタイヤを探して確認、そこで送り状を貼る。この作業がもっとも神経を使うと同時に多大な時間も要していた。しかしこのシステムの開発、導入により、どのタイヤでもバーコードを読み取るだけで、受注情報と送り状をその場で確認、発行できるようになった。これにより劇的に業務効率は向上したという。

「タイヤを目で確認するという作業が一番のネックだったんです。このアナログな作業は時間がものすごくかかるのと誤発送のリスクがどうしても高くなってしまうんです。それを一気に解消でき、作業生産性が驚くほど向上しました。誤発送の発生率もほぼ0%に近くなった。おかげで残業もかなり減少させることができて現場からも感謝の声があがってきました」と堀亘は話してくれた。

「それでもまだまだ改善の余地はあります。タイヤ、パーツ、ホイール、それぞれの連動化がまだできていないので一元管理をしたい。それでさらにスムーズになるはずです。ただし、なかなか大変な作業なんですよ。でも目標は“冬でも定時に帰る”ですから」と笑いながら話す佐藤は、意欲満々のようにも見えた。

システム導入による業務改善が新たなサイクルを生む

ホリ・コーポレーションではタイヤやホイールの発送作業における梱包作業もオートメーション化を進めている。そうして可能な部分をシステム化していくことで生産性を向上し、さらなる成長を目指す。「だからこそ」と堀亘は言う。

「だからこそ、対お客様との接点は今まで以上に磨いていきたいと思います。業務改善によりそれができる状況が生まれたとも言えますね。これまで同様、より使いやすいサイトを目指す。そしてお客様のほしい商品を見極めて在庫を切らさないようにして即時対応できるようにする。お問い合わせなどに対するリアクションなど磨くべきところはいくらでもあります。そのための勉強会も行っています」

「タイヤ1番」はあくまでも“販売店”。お客様に来ていただき、買っていただく場所。その最初の想いへ立ち返ることができるのも、システム開発による生産性アップがあってこそだ。ECの窓口業務を中心に行っている松浦聡美もこう話す。松浦は高校卒業後に東京で就職し、2018年にUターンで就職。東京では、ブライダルカメラマンの仕事を通して、人対人の仕事に向き合い続けてきた。人でしかできない仕事は人で極めていくのがホリ・コーポレーションの方針である。

「会社としても業務改善による生産性向上は常に考えてくれているので、私たち現場の人間が『ここをもっとこんなふうにできないだろうか』ということを言いやすい環境だと感じています。私も自ら仕事をしていて気づいたことはその都度要望を出すようにしています。他の現場でもその雰囲気は変わりません。あとは佐藤の人柄もありますけどね。気軽に言いやすいというか(笑)」

「こっちに来るんだよね。とはいえ、感謝の言葉もくれるのでやっぱりうれしいんですよ」とまた佐藤は笑っていたが、その雰囲気はたしかに相談しやすいと感じるものだった。松浦は堀亘の言うところの“対お客様との接点”に立つ人物だ。「商品知識はまだまだ足りていないと感じることもある。さらに新たな知識をもってお客様とのコミュニケーションにあたりたい」と言っていた。システムで出来ることと、人で出来ること、ホリ・コーポレーションはどちらも極めていく会社であると言えるだろう。

 “我慢”というのは、ときに美徳のように語られるが、問題を乗り越える方法は別にあるかもしれない。「この方法でいいのかな」というのを忘れないで、常に現場から声をあげるようにする。そう堀直之は言っていた。その声を会社、社員で聞き、よりよい方法を導き出す。そしてそれがさらなる発展への思考を生み出す。そんなサイクルが組みあがっている現場だった。

代表/人事担当からのメッセージ 代表取締役社長 堀 直之

弊社は1975年の創業以来、40年以上タイヤ・ホイール関連商品の販売に携わってまいりました。実店舗での販売のほか、設立当時はほかにほとんど見ることのなかったインターネット販売店も2004年より展開しています。そのなかで増えてしまう煩雑な業務をどのように負担とならないような形にできるか。これは労働時間の短縮という側面と生産性の向上という側面を持っています。現在の業務体制を疑い、「こんなやり方でいいのかな」と感じたことは忘れないで常に現場から声を挙げるようにしてもらっています。それを会社として受け止めて、業務改善に心がけています。さきほども言いましたが、それは社員のためであり、会社のためでもある。その問題解決の方法はさまざまです。システム開発によるオートメーション化もそのひとつだと考えています。それに加えデータやトレンドを把握して、お客様の望む商品を揃えておくなどといったある種アナログな部分も必要。そういったさまざまなことを駆使して、よりいい環境を作り出していきたいと考えています。今回募集をするシステム担当にとっては、事業構造の課題〜解決まで、常に変化をすぐ近くで見ることができます。現場に遠いと言われがちなシステム担当にとって、弊社ほど現場が近く、「ありがとう」の声と注文の多い会社はないと思いますよ(笑)。みなさんの、チャレンジを待っています。

募集概要

募集者の氏名又は名称 株式会社ホリ・コーポレーション
設立年月日 1975年6月
資本金 1,300万円(2019年5月現在)
従業員数 23名(2019年5月現在)
雇用形態 正社員
契約期間 期間の定めなし
試用期間 3ヶ月
就業場所 本社(山形県酒田市京田4-5-2)
就業時間 9:00~18:00
休憩時間 12:00~12:45、15:00~15:15
休日 年間休日:105日
その他 日曜日以外の休日は自己選択により申請(月6日~10日)
GW4日 夏季5日 年末年始6日
時間外労働 有(月平均2時間)
月収見込 月給25~38万円
1.基本給 25万円
2.能力給
年収見込 300~500万円
昇給 年1回
賞与 年2回 5月と12月 ※業績に応じて
加入保険 健康保険:有
雇用保険:有
労災保険:有
厚生年金:有
福利厚生 通勤手当:有
職務内容 システムエンジニア
・通販における社内システムの構築
・出品、受注、発注、出荷の一括管理、システム自動化の推進
求める人物像 ・主体的に周囲に働きかけ、良好な関係を構築できる人
・柔軟な思考と広い視野で考え行動できる人
・自発的に、行動する人
必要なスキルや経験 歓迎条件:
データベースの基礎知識をお持ちの方(Oracle、SQL Server等)
今のデーターベースfile makerを使用。
プログラミング経験3年以上の方(VB、C言語、PHP等)
選考プロセス 1,書類選考
2,面接(担当者)
必要書類 ・履歴書
・職務経歴書

応募方法について

庄内の企業との出会い方は、下記の通り3つあります。ご自身の状況に合わせてご選択下さい。
ご自身の経歴に応じて採用パートナー(ヤマガタデザイン)から掲載企業をご紹介させていただく場合もあります。
※ご紹介した場合でも、内定が確約されるものではございません。

応募する
書類選考
書類提出後、不備等がある場合は、採用パートナーから連絡をさせていただく場合があります。
一次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください
スカウト登録
スカウト登録をする
スカウト登録をすると、掲載企業があなたの情報(※)を閲覧できるようになります。 掲載企業があなたに興味を持った際には、採用パートナーから連絡をいたします。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 ※個人を特定出来る情報は開示されません。
話を聞く
就転職フェアに参加
年に数回、庄内もしくは東京で直接企業人事と出会えるイベントを開催します。 仕事の事、生活の事、何でも聞いてみて下さい。

就転職フェア特設サイトはこちら

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について