シゴト

山形の求人サイト
ヤマガタノシゴト

創業からの「情熱と誠実」を心に刻み、
「さすが安藤組グループ」と仰っていただける
唯一無二の企業集団へ。

安藤組グループ

常務取締役

安藤将士

アンドウマサシ
SCROLL

安藤組グループ

1946年に農業機械の販売店として創業し、1953年には最上川沿岸の砂利採取と販売を主とする安藤砂利店を設立。現在は土木資材の生産から建設、運輸まで幅広く業務を展開する安藤組グループの礎だ。現職で2代目代表取締役の安藤政則の息子であり、常務取締役を務める安藤将士は、経営者の視点も携えて未来を見据えている。

安藤組グループ 事業概要

私達は自然と調和し、
「さすが安藤組グループ」と仰っていただける
世の中に無くてはならない
唯一無二の企業集団であり続けます。

2016年、創立70周年を記念して明文化された安藤組グループの企業理念だ。活動の歩みを見ると、これらの言葉が安藤組グループの姿勢を言い表していることが見て取れる。最上川の砂利の採取と販売で事業を軌道に乗せ、1959年に安藤砂利店から安藤組に改称。3年後には生コンクリートの製造販売を開始し、やがて山形県内で最大の生産量を誇る生コンクリート業者にまで成長した。

土木建材を扱う事業の発展と並行して、徐々にグループへと拡大を行った。その最初が、自動車整備工場の法人化だ(1968年 安藤整備工業株式会社創立)。採取した材料を工場へと運搬し、発注を受けた業者へとお届けする。そのために大型トラックをはじめとする自動車の整備は欠かせず、その経験から1992年には、運輸業を担う安藤運輸も創立される。

そして、土木建材の製造と販売から、建築部門に進出して一級建築士事務所を開設したのが1984年のこと。さらに不動産部門にも進出するなど、事業で得た経験と技術を次の段階へと展開し、有機的に事業を拡大してグループ化を進めてきたのが安藤組グループだ。

砂利の採取や生コンクリートの生産というのはまさに、自然の恵みを拝受すること。安藤組グループでは、自然を拝受し、さらにそこから人間が安全かつ快適に過ごせる空間を作るという意識を根幹に持ち続けてきた。現在は、生産を続けながら、自然への負荷をいかに抑制できるかという意識も持っている。1995年に産業廃棄物中間処理業および産業廃棄物収集運搬業の許可を取得。近年では、自然エネルギーと循環型の生産への意識が高まり、風力発電にも着手する。秋田県、宮城県での風力発電所の開設に続き、現在は庄内町の最上川沿岸でも風力発電所の開設を目指している。

庄内町の余目中学校に通った安藤将士は、卒業式の翌日に渡米した。野球部で活躍し、中学時代に選抜チームの一員として海外遠征に参加したことをきっかけに、アメリカの高校からスカウトの声がかかったのだ。

「選抜に選ばれたことで世界を見てみたいという気持ちが生まれ、メジャーリーガーになりたいと思っていました。アメリカの高校では1学年上の先輩3人がメジャーにスカウトされましたが、その先輩たちはプロに行っても鳴かず飛ばずで、しかし私も、その先輩がいる間はレギュラーになれなかった。高校で毎日野球を続け、チームではキャプテンも務めたのですが、徐々に大きな壁を感じるようになっていました」

ある時に一時帰国をして、安藤組グループの社長である父親から、京都で経営者の勉強会があるので一緒に出てみないかと誘われた。好奇心旺盛な安藤は興味を持ち、何か得られるものがあるはずだと考えて出席した。経営者たちに混じり、髪を真っ赤に染めた高校生が一人。勉強会の主催者のひとりから「安藤くん、おもろいな。一緒に食事に行こう」と声をかけられた。

「その方から、夢は何やと聞かれて、当時はまだ元プロ野球の城島選手がマリナーズでプレイする前だったので、『日本人初のメジャーリーグのキャッチャーになることです』と答えたんです。『バカモン!』とすぐに叱られました。『君の天命はそれやない。安藤組グループを受け継いで、永続する企業にすることが君の天命なんや』と。自分だって毎日野球を練習しているんだぞという気持ちと、アメリカで大きな壁を感じているという現実の両方があったので、家族でもない私の将来について本気で叱ってくださる事実に心を動かされました」

自分に負荷をかけることが成長につながる

その人物が、定期購読者のみに販売する人間学を専門とする雑誌『致知』を刊行する致知出版社の藤尾秀昭社長だった。有名無名を問わず、自らを高め、様々な分野で新たな領域を切り開こうとする人々に取材し、行動を動機づける哲学が綴られた誌面に安藤は強く惹かれた。藤尾社長からは、帰国するたびに出版社に顔を出しなさいと声をかけられ、安藤の意識は日本へと、地元の庄内へと向かい始めていた。

「高校で世界を見たいと思ってアメリカに行き、自分に負荷をかけたことで多くを学べたと感じています。社会に出るときもやはり、安藤組グループの事業とは違う世界を見たい気持ちがありましたし、様々な人の哲学を学べる出版社で自分に負荷をかけることは、きっとのちの自分に役立つはずだと考え、致知出版社に就職させていただきました」

様々な分野の経営者の取材記事を通して、経営哲学のイロハを学んだ致知出版社での修行時代。3年間勤務したのち、2014年に安藤組グループに入社した。

現場の声を吸い上げる組織の形

「父である2代目社長から、致知出版社で働いている時に『庄内に戻ってくる気はあるか』と聞かれる機会がありました。戻ってこないのであれば、徐々に規模を小さくするのも一つのやり方だと考えていたそうです。

しかし私は、庄内に戻る気持ちが強かったので、規模を縮小するのでも現状維持をするのでもなく、社員や地域の方々にその存在を喜んでいただけるような、成長し続ける会社にしたいと答えました。子どもの頃から安藤組グループから得る収入で生活し、学んできた私にとって、共同運命体といえる存在ですから、そう思えるような会社で働ける喜びはとても大きいです」

土木建材の採取と製造に始まり、安藤組グループは分野をまたいで事業を拡大してきた。いずれ3代目を継ぐ予定ではあるが、土木、建設、輸送などすべての事業において素人である安藤は、車の運転手や工場での作業などを通じて下積みを行い、徐々に現場を指揮する機会も増えていった。

「私の頭にあるのは、この会社をどうよくしていくか、の一点のみです。そのために現在の自分にできることのひとつは、社員の皆さんと社長との間をつなぐコミュニケーション役になることです。もちろん社長は会社のことを思って何をすべきか考えていますし、社員たちも会社のことを現場目線で考えてくれているわけです。

もし社員と飲んでいる席で『なんなんだ、あの社長は』と愚痴が出たとしましょう。もしそこで同調してしまったら、それは私が思い描く永続する企業の形ではありません。現場の声をきちんと社長に吸い上げ、社長の声も納得できる形で現場に伝える。両方の目線がうまく重なるようにすることが重要だと考えています。この数字で単純に判断はできないかもしれませんが、離職率は以前よりも下がっています」

コミュニケーションは経営者と現場間のみのものではない。建設部門と運輸部門がきちんと仕事を共有するなど、横のつながりも蔑ろにはしない。その組織の形によって、営業から製造へ、あるいは製造から経営サイドへ、といったようにグループ内での異動も大胆に行われることがあるという。どこで力を発揮できるか、社員へのケアが整った環境作りを安藤組グループでは志向している。


安藤組グループを永続する企業に

現場経験を積み重ねることで自らの成長も目指す安藤が、グループの将来を見越して新たに立ち上げようとしている事業がある。これまで培ってきた運輸部門の業績をさらに伸ばすことで、地域活性への貢献を目指す試みだ。その第一歩として、倉庫業の新しい形態を実現するために、酒田港の1丁目1番地と呼べるような港湾の一等地を購入した。

「運送業というのは、荷主さんから運ぶ荷物を渡されて、それをお届けするのが仕事です。弊社では運送業としての経験値があって、もう一つ建設業者として環境を作る技術も持っているので、その二つを結びつけることができないかと考えたのが始まりです。酒田港という良質な港が庄内地方にはあります。そこに私たちが持つ知見と、地域のお客様にとってのニーズを結びつけることができれば、庄内地方に新たな流通を生み出すことができるのではないかと考えています」

砂利の採取に始まる安藤組グループの発展は、自然から拝受した恵みを用いて、人々が安全かつ快適に過ごせる空間を作る意識に裏付けられている。近年では、生産一辺倒ではなく、産業廃棄物の処理や風力発電事業などを通じて、自然への負荷を緩和させるための取り組みにも励んでいる。

「安藤組グループで働くことの魅力は、根幹となる土木素材の事業から派生した様々な事業に、多角的に携われることだと考えています。今回は営業職を募集しますが、建設業の営業の話から土木の案件に展開するかもしれないし、そこに整備や運送の仕事もつながってくるかもしれません。それだけ担えるようになれば、負荷がかかるかもしれませんが、その分だけやりがいも大きいはずだと考えています」

社員と一緒に事業をやり遂げ、社員が喜んでいる状況を生み出すことこそが、安藤が将来の経営者として目指す会社の形だ。その背景にあるのが、安藤組グループを永続する企業にするという思い。社員たちが色々なことにチャレンジできる環境を整えることで、その思いを叶えようと安藤は尽力する。

代表/人事担当からのメッセージ 代表取締役 安藤政則

 私たち安藤組グループは終戦翌年の1946年に創業し、現在は「安藤組」「菅睦建設」「安藤運輸」「安藤整備工業」「A.パワー」とグループ5社を擁するまでになり、おかげさまで間もなく75周年を迎えさせていただきます。
 現在、山形県の人口は約100万人から2045年には25%減の人口75万人となり、企業数においても2040年には現在の半分になる予測が出ており、人口減少や企業淘汰が顕著になりつつあります。このような状況下においても、私たち安藤組グループは地域に根差した企業としてこの庄内をベースに、UIJターンや海外の方々と共に同じ価値を持った方々と一緒にこの国を創っていく気概で事業に邁進して参ります。
 
 そのために重要なことは当グループの創業の精神から培われてきた「情熱」と「誠実」の2本のレールを基盤にし、これからも全従業員が「毎日行きたい会社」と「家族を大切にする」唯一無二の企業、それが私たちの目指す『さすが安藤組グループ』という企業理念に繋がると信じ、これからも精進して参ります。

募集概要

募集者の氏名又は名称 安藤組グループ(①株式会社安藤組 ②菅睦建設株式会社)
募集人数 2名(①1名/②若干名)
雇用形態 正社員(契約期間の定め無し)
試用期間 試用期間3ヶ月
就業場所 ①安藤組グループ本社:〒999-7706 山形県東田川郡庄内町提興屋字中島80
②菅睦建設:〒997-1135 山形県鶴岡市中楯127
就業時間 8:00〜17:00
休憩時間 90分
休日 2018年度:102日(年間カレンダーによる)
時間外労働 有(月平均10時間)
給与 【新卒社員】
大 卒:月額 180,000円~
短大卒:月額 170,000円~

【キャリア採用】
月額 200,000円~
(※経験等を元に設定します)
昇給 年1回/7月
賞与 あり。業績により支給
前年度3回(5月/8月/12月 ※なお5月は特別賞与として)
加入保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険、財形貯蓄、退職金制度あり
福利厚生 通勤手当(マイカー出勤の場合営業車あり)、家族応援手当、資格取得支援制度
職務内容 ①営業職
建設会社等への自社取り扱い商品(生コン、砂、砂利等)の販売を中心とする営業活動。
官公庁(役所)等への情報提供、収集等の訪問活動

②技術職
各種設計製図、施工管理(土木・建築施工管理)
求める人物像 ・向上心と探求心を持ち、仕事に真摯に向き合うことができる人。
・仕事はチームプレー。協調性があり、集団コミュニケーションが取れる人。
・行動力があり、粘り強く努力を重ねられる人。
必要なスキルや経験 ①歓迎:営業経験ある方、尚可。
②歓迎:建設業界での就業経験
   1・2級建築士、1・2級土木施工管理技士

①、②共に
・パソコン操作(Word・Excel・PowerPoint)が得意な方、
 または新しいプログラムを学ぶことに意欲的な方
・自動車運転免許証
選考プロセス 【新卒採用】
1.書類選考
2.計算問題、漢字問題、性格検査、作文
3.一次選考
4.最終面接(内容は変更する場合があります。)
5.内定

【キャリア採用】
1.書類選考
2.面接(内容は変更する場合があります。)
3.内定

会社見学随時受付けています!ご希望の方も是非「話を聞く」からご連絡ください。
必要書類 ・履歴書
・職務履歴書
採用担当者からの一言 UIJターン大歓迎です。転職に際して不安なこと、わからないことあれば何でも聞いてください。
不動産業もしておりますので、住宅等も相談可能です。
また、安藤組グループは各人の個性を大事にし、その力を集約して企業理念を実現する会社です。
「チャレンジする勇気」と「向上する気概」を持っている方、是非当社へお越しください。
「雰囲気の良さ」と「元気の良さ」大きな魅力です。
ご応募お待ちしております!

応募方法について

庄内の企業との出会い方は、下記の通り3つあります。ご自身の状況に合わせてご選択下さい。
ご自身の経歴に応じて採用パートナー(ヤマガタデザイン)から掲載企業をご紹介させていただく場合もあります。
※ご紹介した場合でも、内定が確約されるものではございません。

応募する
書類選考
書類提出後、不備等がある場合は、採用パートナーから連絡をさせていただく場合があります。
一次選考〜
面接時に、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE に無料宿泊できます ※
内定
内定承諾後、1名につき1回、 SUIDEN TERRASSE にご家族で無料宿泊できます ※
入社
※ 詳細は「転職支援について」をご確認ください
スカウト登録
スカウト登録をする
スカウト登録をすると、掲載企業があなたの情報(※)を閲覧できるようになります。 掲載企業があなたに興味を持った際には、採用パートナーから連絡をいたします。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 ※個人を特定出来る情報は開示されません。
話を聞く
就転職フェアに参加
年に数回、庄内もしくは東京で直接企業人事と出会えるイベントを開催します。 仕事の事、生活の事、何でも聞いてみて下さい。

就転職フェア特設サイトはこちら

メルマガ登録について

まずは情報を知りたい、という方はメルマガ登録をお願いいたします。最新の求人情報や、合同説明会の情報を、優先的にご案内いたします。 登録フォームの「スカウトの受け取り希望」欄で「希望する」を選択すると、企業よりスカウトが来るようになります。 ご自身では気づかない働き方が見つかるかもしれません。 就転職に前向きな方は、ぜひご登録ください。

登録する

就転職支援について

  • 面接支援

    面接のために庄内に来る方を対象に、SUIDEN TERRASSE宿泊(1泊1名朝食付き)を無料でサービス。
    ※本WEBサイトの応募フォームから企業面接を申し込み、面接日程が決まった方(1名につき1泊のみ)に限ります。

    申請する
  • 家探支援

    内定承諾後、更に無料でもう1泊(1泊2名まで朝食付き)サービスいたします。

    申請する
  • 新生活支援

    本webサイトの応募フォームから応募し、ご入社が決まり30日以上在籍した場合に、
    2万円〜(企業によります)を、新生活支援金としてお渡しいたします。

    新生活支援金申請の流れ
    ① 本webサイトから応募 ②ご入社 ③申請 ④支払い(30日在籍したかどうか、企業側と求職者側に確認いたします。)

    申請する