KIDS DOME SORAI

 

キッズ・ドーム・ソライ

オープニングスタッフ募集

前回の「開業準備、運営スタッフ募集」から約5ヶ月。その間、3名の新たな仲間が加わり、総勢5名となった「KIDS DOME SORAI」チーム。2018年秋のオープンに向けて、より一層の力強さとスピード感を持ち、プロジェクトをともに進めてくださるメンバーを募集します。

 

 中央左:館長/後藤  充子    中央右:プロジェクトリーダー/土屋 陽子   

中央左:館長/後藤  充子    中央右:プロジェクトリーダー/土屋 陽子   

 

<土屋 陽子(プロジェクトリーダー、以下、土屋)> 読者のみなさま、はじめまして。「KIDS DOME SORAI」のプロジェクトリーダー、土屋と申します。
<後藤 充子(館長、以下、後藤)> 館長の後藤でございます。

<土屋> この記事では、秋のオープンに向けたメンバー募集ということで、チームメンバーそれぞれがこれまでの経歴も含めた自分自身のこと、これからどんな人とどんなふうにSORAIを動かしていきたいかなどについて語った座談会の様子をお届けしたいと思います。

<後藤> どんな人と働くかはとても大切ですからね。

<土屋> はい。で、本編に入る前になんですが、「そもそもSORAIってなに?」って方もいらっしゃると思います。そんな方は前回の求人記事からお読みいただくことをおすすめします。SORAIの概要やプロジェクトが目指すことがまとまっていますので。

それでは、本編スタートです。

 

<齋藤 翔太(以下、翔太)> まずは「転職を考えるようになった経緯」あたりからいきましょうか。僕は、前は花の仕事を3年半していて、やれることはやり尽くしたと感じてしまったというのが大きな理由です。

 

 齋藤 翔太(さいとう・しょうた)  酒田市出身。山形市へ進学し油絵を学び、約3年半花の仕事に携わり、帰郷。2018年2月入社。デジタル工作機械に負けない大きな笑い声で、チームに元気を与えるラボ担当。

齋藤 翔太(さいとう・しょうた)

酒田市出身。山形市へ進学し油絵を学び、約3年半花の仕事に携わり、帰郷。2018年2月入社。デジタル工作機械に負けない大きな笑い声で、チームに元気を与えるラボ担当。

 

<齋藤 真美(以下、真美)> 花は、もともと好きだったんですか?

<翔太> いえ、好きになったのは入社してからですね。冠婚葬祭やデパートなどの装飾をメインに行っている会社で、営業から企画・デザイン、仕入れ、施工や搬出入など現場作業まで一貫してやらせてもらえて、すごく楽しく働いていたんですけど、あるとき先が見えなくなっちゃって。

<真美> そういうとき、私もあったなあ。

<翔太> もともと庄内には帰ってくるつもりだったので、悶々と働いているくらいだったら、庄内に戻ってきてゼロからまた積み上げていきたいなと思って、仕事も決めずに帰って来ちゃったですよね。

<石橋 綾子(以下、石橋)> 真美さんが「先が見えなくなった」っていうのは、前職のときのことですか?

 齋藤 真美(さいとう・まみ)  鶴岡市出身。高校卒業後、アメリカへ進学。留学生の現地での生活や就職を支援する仕事を経験し、帰国。研究所の技術員を経て2018年4月入社。私生活では2児の母である総務担当。

齋藤 真美(さいとう・まみ)

鶴岡市出身。高校卒業後、アメリカへ進学。留学生の現地での生活や就職を支援する仕事を経験し、帰国。研究所の技術員を経て2018年4月入社。私生活では2児の母である総務担当。

 

<真美> 私は、前の前の仕事、アメリカで働いていたときのこと。高校卒業後にアメリカに渡って、学生時代も含め約12年間住んでいたんです。「習うより慣れろ」みたいな仕事が多くて大変な部分もあったけどすごく楽しかったし、私生活も充実していたんですけど、ふとしたときに「あれ? この先どうなるんだろう?」って思ったことがあって。それが帰国のきっかけになりました。

<石橋> やっぱり、出産や子育てのことが気がかりでした?

<真美> そう、それが大きかった。子どもは欲しかったけど、親も親戚もいない環境での子育ては難しいと思ったし、将来も仕事を続けたいと思っていたので、家族のいる地元での子育てがすごく自然に感じられたんですよね。

<石橋> 戻ってきてからは、どんな仕事をしてたんですか?

<真美> 研究所で技術員の仕事をしていました。サイエンスは未知の分野でおもしろかったし、最先端の研究に関われることにやりがいを感じていたんですけど、新しいことを追い求める研究者の姿を見ていたら、自分も新しいことに挑戦したいなと思い始めちゃって。そんな時にSORAIの求人を見つけて、応募しようと思ったんです。

<石橋> そうなんですね。

<真美> あとは、私も親として、雨の日に子どもを連れていくところがなくて困っていたので、「その悩みを解消する」というSORAIのビジョンに共感したことも大きかったですね。

<翔太> なるほど。じゃあ次、石橋さんは保育士をやっていたんですよね?

 石橋 綾子(いしばし・あやこ)  鶴岡市出身。高校卒業後、3年間福島県で学生生活を送り、鶴岡市の保育園に就職。12年間保育士として働き、2018年4月に入社。実家の窓からいつも見ていた金峰山が見えず、学生時代にホームシックになったほどの大の鶴岡好き。遊び場担当。

石橋 綾子(いしばし・あやこ)

鶴岡市出身。高校卒業後、3年間福島県で学生生活を送り、鶴岡市の保育園に就職。12年間保育士として働き、2018年4月に入社。実家の窓からいつも見ていた金峰山が見えず、学生時代にホームシックになったほどの大の鶴岡好き。遊び場担当。

 

<石橋> 12年間、新卒で入った保育園で保育士として働いていました。1度決めたら揺るがない頑固な性格だから、まさか自分が転職するとは思わなかったなあ。

<翔太> どういう心境の変化があったんですか?

<石橋> 自分自身で考えて、選択して、取り組む。そういう経験を、もっと子どもたちにさせてあげたいと思うようになってきて。ただ、そこを突き詰めていこうとすると、先生という立場ではやっぱり難しいんですよね。それは、保育園に限らず幼稚園でも義務教育でもそうだと思いますけど。

<翔太> クラス全体を動かさないといけないし、カリキュラムもあるだろうし、やっぱり「全体」が優先されちゃいますよね。

<石橋> どうしたら自分が求める子どもとの関わり方ができるだろうと考えながら働いていたんですけど、ある日「仕事辞めて一旦リセットしよう」って思ったんです。少し休みたかったこともあったし、お金なくなったら、パートで働けばなんとかなるだろうって。自分でもびっくりするくらいスパッと決断したんです。

<真美> じゃあヤマガタデザインに入る前は、しばらく休んでたんですか?

<石橋> それが、実は違って。何の気なしに求人情報を見ていたら、この仕事のことを見つけて、なんだこのおもしろい会社はって。自分が求めていたことができそうだと思ったのはもちろんですけど、鶴岡・庄内という地域を盛り上げることにも関われるんだと思ってワクワクして応募しました。

 

ヤマガタデザインを、SORAIを、盛り上げる力になるために。

<真美> ワクワクする感じ、すごくわかります。SORAIチームだけじゃなく、会社全体がいい意味で気持ちが若いっていうか。

<翔太>  うんうん。

_39A0790.JPG

 

<真美> 行動力がすごいですよね。冷静な判断だけではGOが出ないようなことも、どんどん成し遂げてきていますし。

<石橋> いろんな力を持った人が集まっていて、みんなが「やろうやろう」っていう強い気持ちを持っているから、なんでも実現できそうだなって本当に思えちゃうんですよね。

<翔太> 一方で、この環境で力を発揮するには、もっともっと自分に磨きをかけていかないとなっていう思いもあるなあ。僕はもともと絵を描いたりデザインしたり、頭の中のイメージを具現化するのが得意だから、3Dプリンターやレーザーカッターを使いこなせるようにして、アウトプットの方法を増やすことから頑張っていきたいと思っています。

_39A0884_.jpg

 

<石橋> 私は保育士としての経験は長いけど、それは閉じた世界での経験だったってことに、この会社に入って気づかされました。「あ、世界ってこんなに広かったんだ」って本当に思ったので。もっといろんな体験を通じて知識やスキルを身につけて、いろんな形で保育士の経験を活かせるようになるのが当面の目標です。

<真美> 子どもが楽しめる場であるためには、働いている人が楽しめることが大前提だと思っていて。だから私は、総務という縁の下の力持ちとして、みんながストレスなく働ける環境をつくっていきたいと思っています。もちろん自分自身も楽しんで。あとは、海外生活の経験を活かして、地元の子どもたちが世界中の子どもたちと触れ合えるようなプログラムをいつか必ずやってみたいですね。

<翔太> それぞれバックグラウンドが違うから、お互いの持っているものをかけ合わせて、刺激し合って成長していけるといいですよね。それが、SORAIをおもしろくすることにもつながっていくでしょうし。土屋さんがいつも言っている「メンタルが強い」「謙虚」「ユーモアがある」の「SORAI3箇条」は大前提として、どんな人が加わるとよりよいチームになれると思います?

<真美> 私は、冷静に柔軟な対応ができる人にいてほしいです。トラブルが起きたりすると、私は「ワーッ!」ってなっちゃうタイプなので、そういう人が総務という立場でいてくれるとすごくありがたいです。

<翔太> いい組み合わせですね。僕は、客観的な視点でアイデアを考えられる人がいいなあ。一緒にイベントとか、いろんなおもしろいことを企画していきたい。

<石橋> 私は、相手の目線に立って考えられる人ですね。子どもが何を考えているかをイメージしながら接することが、やっぱり大事なので。観察力がある人、とも言えるかもしれません。

_39A0688_.jpg

 

<土屋> はい。こんなところですかね。

<後藤> お互いのことを深く知ることができる、いい時間になりましたね。さらに仲間が加わり、チームとしてここからどう成長していくのか、ますます楽しみになりました。

<土屋> KIDS DOME SORAI、こんな感じでがんばっております。今秋のオープンに向けて、プロジェクトはここからさらに加速していきます。SORAIをもっともっとおもしろいものにするため、私たちとともに楽しみながらがんばっていただける方、ご応募お待ちしています。

一同 お待ちしています!

ラスト写真.png


《募集要項 正社員》
 職種名   KIDS DOME SORAI (キッズドームソライ)オープニングスタッフ
 就業形態   フルタイム
 雇用形態   正社員(試用期間3ヶ月あり)
 就業時間   シフト制(実働8時間/休憩60分)
 時間外   あり
 給 与   17〜25万円(経験とスキルを考慮して決定)
 賞与(実績)   あり ※業績により支給します
 加入保険等  雇用、労災、健康、厚生あり、退職金制度なし
 休 日   シフト制(年間109日) 有給20日付与
 免許/資格   普通自動車運転免許(AT限定可)
 就業場所   山形県鶴岡市
 マイカー通勤   可
 通勤手当   実費支給 上限あり(月額7,100円)
 転 勤   なし
 募集人数    4名
 募集ポジション ・遊び場 (屋内と屋外)
・ものづくりラボ
・受付/事務
 仕事の内容 ・来館者の安全管理と遊び・ものづくりのサポート
・WEBやSNSなどでの発信や広報物・掲示物の制作管理
・施設の運営にかかる日常業務 (受付、事務作業)
・日常清掃
 スキルや経験  ・子どもが好き
・体力がある
・いろいろな遊びを作り出せる
・ものづくりやデザインが得意
・事務仕事が好き
・パソコンやSNSが得意
 

選考プロセス

 応募書類を送付しエントリ−
  ↓
 書類選考
  ↓
 一次面接
  ↓
 最終面接(代表) 
 応募書類   1. 履歴書
 2. 職務経歴書
 3. 自己PR、またはエッセイ
 (エッセイのテーマ: 子どもと遊びについて。ご自身の想いや経験を元に800字程度にまとめてください。)
 応募方法   応募書類は、メールに添付しrecruit@yamagata-design.com宛てに送付ください。
 メール本文には、希望職種、氏名、電話番号、メールアドレスを記載ください。
 履歴書のみ、手書きの上、PDFファイルにして送ってください。
 書類選考の結果通知は、書類到着後1~2週間程度でご連絡いたします。 
 勤務開始日   2018年8月以降。但し、応募者の方のご事情を考慮しながら決定します。 
 


《募集要項 パートタイム》
 職種名   KIDS DOME SORAI (キッズドームソライ)オープニングスタッフ
 就業形態   パートタイム アルバイト
 雇用形態   雇用期間1年(更新あり)
 就業時間   9:00〜19:00のうち、4〜8時間勤務で、週2日以上の勤務可能な方
 ※イベント開催時は21:00まで勤務の可能性があります。
 ※16:00以降、土日祝日の勤務可能な方、歓迎します。
 時間外   あり
 時 給    800円〜(経験とスキルを考慮して決定)
 休 日   シフト制、年次有給休暇は法定付与 
 加入保険等  雇用、労災、健康、厚生あり、退職金制度なし 
 マイカー通勤    可  
  通勤手当     実費支給 上限あり(月額4,200円)  
 転 勤   なし
 募集人数    4名
 仕事の内容   屋内遊戯施設における受付・ショップ業務、館内清掃
 人材像  ・子どもと話しをするのが好きな方
・元気で明るい方
・より良い施設を目指して改善ができる方
 応募書類   1. 履歴書
 2. 職務経歴書
 応募方法   応募書類は、メールに添付しrecruit@yamagata-design.com宛てに送付ください。
 メール本文には、希望職種、氏名、電話番号、メールアドレスを記載ください。
 履歴書のみ、手書きの上、PDFファイルにして送ってください。
 書類選考の結果通知は、書類到着後1週間程度でご連絡いたします。
 ※メール添付が難しい方は郵送にてお送りください。  
 

選考プロセス

 応募書類を送付しエントリ−
  ↓
 書類選考
  ↓
 一次面接
  ↓
 最終面接(代表) 
 勤務開始日   2018年8月以降。但し、応募者の方のご事情を考慮しながら決定します。 
 
Taro Nagaoka正社員