FARMER’S DINING
CAFE IRODORI  9/1開業

 

庄内の自然を味わう農村カフェ

FARMER’S DINING CAFE IRODORI  9/1開業

日本有数の米どころ、庄内平野の中心にある鶴岡市豊田地区に、「FARMER‘S DINING CAFE IRODORI」を9月1日(金)にオープンします。築100年を越える古民家にある蔵と納屋をリ・デザインした和モダンなダイニングカフェからは、水田を臨むことができ、蔵ではこだわりの食材や雑貨の販売も行います。こだわって作られたお米と、庄内豚や山形ハーブ鶏、庄内の旬の野菜を使ったカフェ飯を提供する地産地消の拠点になります。当カフェは、地域の街づくり会社である当社が運営する最初の店舗となります。

店舗外観

店舗外観

コンセプト:地域の自然を味わう

農村の中で、友人、知人と地域の自然を味わいながら時間を過ごす、第三の居場所。 庄内地域を中心に自然との調和を考える農家から食材を調達、古民家と蔵と田んぼに囲まれた空間で、添加物を可能な限り使用しない「心と身体と食欲(おなか)を満たす」食事を提供します。地域の自然(ORIGIN)で地域の生活に色(IRO)が加わることをデザイン(DESIGN)したい。地元食材に地域がより親しむ仕組みづくりを目指し、IRODORIと名付けました。

店内.jpg
料理.JPG

米へのこだわり

白米は、鶴岡市羽黒町の出羽庄内特産が栽培したササニシキを使用。米ぬか、えごまなどで手作りした有機肥料を与え、人の手で除草を行うなど手間暇かけたお米は力強く、そして優しい風味が特徴です。玄米は、美容や健康にもいいと注目を集める酵素玄米を提供。酒田市の荒生勘四郎農場が農薬や肥料を使わず、太陽と土と水、自然の力のみで育てています。この玄米を、小豆と少量の塩とともに圧力鍋で炊き上げることによって、もちもちとした食感の酵素玄米ができあがります。IRODORIでは、環境に負荷をかけない農業を支援し、一年を通じて旬の庄内を味わってもらえるよう仕組みづくりを行っていきたいと考えています。

板垣さん.jpg
荒生さんwith音楽.jpg

 
Taro Nagaoka