【熊本地震支援】
瓦プロジェクト発足

 

当社では、これまでも建築家・坂 茂さんが代表を努めるNGO法人ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークを通じて、熊本地震の避難所に紙管を使った間仕切りを設置することに協力して参りました。

今回、坂茂建築設計内に、新たに熊本地震で倒壊した建物などに使われていた瓦をランドスケープデザインのマテリアルとして再利用するプロジェクトが発足し、当社が開発を行うサイエンスパーク内で利用できるよう検討を進めていくことになりましたのでお知らせします。

詳しくはこちらをご覧ください。

———————————————————————————-

※当社の過去の支援についてはこちらをご覧ください。

※NGO法人ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークでは、ひとつでも多くの間仕切りが被災者の方に届けられるようにと寄付金の募集を行っています。

寄付金の受付はこちらをご覧ください。。