ケシキ

「語るなかれ」「聞くなかれ」人の手を加えることが禁じられた、修験道の霊地。

湯殿山神社

ユドノサンジンジャ
SCROLL

湯殿山神社 ユドノサンジンジャ

古来より多くの修験者や参拝者を集めてきた出羽三山は、羽黒山、月山、湯殿山の3つの山からなり、それぞれが、現在、過去、未来をあらわしている。江戸時代には、三山を巡ることで、人は生まれ変わるとされていた。
このうち、湯殿山は、月山に連なるなだらかな稜線の山で、神域とされる神社本宮は、人の手を加えることが禁じられてきたため、本殿や社殿がないことも特徴となっている。温泉の湧き出る巨岩が御神体で、参拝者は裸足で登拝する。今なお、「語るなかれ」「聞くなかれ」と厳しく戒められた霊場だ。

名称 湯殿山神社
場所 山形県鶴岡市田麦俣六十里山7
開山 4月下旬〜11月初旬
アクセス 山形自動車道 月山ICから車で約30分
山形自動車道 庄内あさひICから車で約40分
駐車場 有り
ケシキ紹介者:

山中 大介 ヤマガタデザイン代表取締役

初めて訪れたときはちょうど紅葉シーズンの真っ盛りでしたが、余りの美しさに、生涯忘れられない景色、体験となりました。出羽三山の中でもひときわ神秘的な霊場で、人生で一度はお参りすることをお勧めします。