ケシキ

土門拳が伝えたかった日本
そのまなざしと向き合う空間

土門拳記念館

ドモンケンキネンカン
SCROLL

土門拳記念館 ドモンケンキネンカン

土門拳は、瞬間の「リアル」に被写体の本質を見出し、シャッターチャンスを逃さなかった”写真の鬼”だ。人々の写真に対する概念や価値観を変えた「リアリズム写真」の第一人者として、今も日本の写真界で強い存在感を放っている。

1974年、土門拳は酒田名誉市民第一号に推戴された。土門はその顕彰式で、ふるさとの人々の温かさにふれ、式典の場で自身の全作品を酒田市に寄贈する、と突如表明したという。

この一言がきっかけとなって、国内初の写真専門美術館「土門拳記念館」は建築された。設計は谷口吉生が手がけ、グラフィックデザイナーの亀倉雄策、彫刻家のイサム・ノグチ、華道草月流三代目家元の勅使河原宏など、土門と縁のあるアーティストらの作品が記念館を形作っている。

年間を通して企画展を行い、土門のライフワークである「古寺巡礼」をはじめ、社会の問題を痛烈に写し切った「ヒロシマ」「筑豊のこどもたち」など多岐にわたる作品を企画テーマにあわせて公開している。「私ならこれが好き、これがズシンときた、というふうに視覚、感覚的に作品にふれていただけたら」と事務局長の大竹佳代子さん。撮影された時代や背景に思いを馳せていると、いつもより自分を深く見つめることができるだろう。

遠くに鳥海山を望み、飯森山を背景に、水と緑に囲まれたロケーション。展示室では自然光は一切遮断され、写真とじっくり向き合う時間が流れる。一転して、記念室までは光と影のアプローチが続き、その先で酒田の色濃い自然美に出合う。自然、建築、そして芸術が共鳴して、土門拳記念館という空間を築いている。

公式サイト:http://www.domonken-kinenkan.jp/

名称 土門拳記念館
場所 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
開館時間 9:00~17:00(最終入館 16:30)
休館日 4月~11月は無休(展示替えのため臨時休館あり)
12月~3月は毎週月曜(祝日のときは開館し、翌火曜日休館)
詳しくは、ホームページの年間スケジュールをご確認ください。
入館料 展示スケジュールにより異なる
駐車場 あり(飯森山公園共有)
電話番号 0234-31-0028