記事一覧

12 / 12 ページ

庄内藩酒井家の殿が現在も暮らす鶴岡 城址から街の歴史に思いを馳せる
刀を鍬に持ち替え、近代化に挑んだ庄内藩士たちの開墾の魂。
深く考え、軽々しく発言をしない。 「沈潜の風」と評される気質は 致道館での教育によって育まれた。
自らがリスクを取って挑戦する。 だからこそ価値がある。
最先端のエキサイティングな仕事に就きながら 自然のそばでスローライフを営む。 それをできるのが庄内の大きな魅力。
世界平和のために何ができるか。 人工合成クモ糸繊維の開発は 壮大な動機に裏付けられている。
日本の豊かな自然には季節感がある。 その移ろいの曖昧性を頭で考えずに 感じる知性を忘れてはいけない。
地形と気候条件に恵まれた庄内は 食材のバリエーションが世界一豊富。 食習慣も多様な宝石箱のような土地。